晩秋、そして悪天候の裏磐梯 - TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真

晩秋、そして悪天候の裏磐梯

桧原湖、秋元湖、五色沼...秋を撮りに何度も足を運びました。岐阜県の白川郷と交互に通い続けましたが、今回は着いたら晩秋という結果でした。11月10日です。

中津川渓谷

深夜1時ごろ自宅を出て、早朝5時には桧原湖に到着。しかしながら雨模様でした。前回大雨で諦めた中津川渓谷にまずは移動、小雨でしたがカメラと三脚を担いで急な階段を延々と下りました。

轟音と共に川の流れが見えました。周囲は殆ど葉が落ちて紅葉は終わっていました。大雨の合間ということもあり、岩場は滑るし、大量の落ち葉で土と岩場が分からなくなっていました。幸いにも流れる水は澄んでいて、見ていると心洗われる感じが印象に残っています。

中津川渓谷

岩場が滑るため、階段を下りた周辺からしか渓谷の撮影はできませんでしたが、撮る、という目標は達成しました。

撮影を終え、五色沼や桧原湖周辺を車で巡りましたが強風と大雨で撮影という雰囲気ではなく、そのまま夜を迎えました。道の駅で夜を明かし、日曜日早朝4時ごろ秋元湖へ向かいました。

秋元湖

さすが日曜日、いつもは人もいない狭い秋元湖沿いの道路は多くの車が止まっていて、湖岸には沢山の三脚がすでに立っていました。

秋元湖

雨は上がっていますが濃い霧が出ています。ただ三日月がうっすらと見えていたので霧が晴れる可能性も高く我慢のしどころでしょう。そして待つこと1時間、霧の中に秋元湖の小さな島が少しずつシルエットを現しました。場所を移動することは殆どできなかったため、一点からの撮影でしたが、霧の中の秋元湖を沢山撮影できました。

秋元湖

7時半、気づけばあんなに沢山のカメラマンがいたのに、ほとんどの人はどこかへ行ってしまっていました。

紅葉との巡りあわせは難しいなと、今回もそう感じざるを得ませんでした。

帰り際、新潟の長岡市のもみじ園のライトアップを見てきました。やはり大雨、ついてない。

長岡市もみじ園