山梨巡り - TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真

山梨巡り

ちょっと寒かったのですが、また富士山を撮りに出かけました。今回は山梨県西部です。深夜2時前に家を出て、全面開通した中央道笹子トンネルを抜け、韮崎市へ。

さすがに満天の星空のもと、月が出ていないだけに富士山のシルエットも確認できませんでしたが120秒ほど露光すると雲の上に富士山が写っていました。気温はみるみる下がって薄紫色の空の色に変わるころ、気温は氷点下10℃。耐えて撮る、そんな状況でした。

富士山と中央自動車道と星 富士山と川と朝焼け

ひとしきり中央自動車道とのコラボ写真を撮ったので、陽が昇る前に行ったことのなかった昇仙峡へ車を走らせました。着いてみると人は誰もいなくて、ゴーっという川の流れる音だけが異様とも思える岩岩の間に響き渡っていました。

冬の朝の昇仙峡

その後花曇りではありましたが富士山がまだ見えていたので河口湖まで車を走らせ、昼間の富士山を長時間露光で撮影してきました。

逆さ富士

相変わらず富士山に翻弄されてる宮本です。