再び田貫湖へ - TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真

再び田貫湖へ

人造湖故、富士五湖には数えられないのかどうかは知りませんが、静岡県の富士宮市にある田貫湖は富士山のなだらかな裾野まで見渡せる自然豊かな湖です。関東からは富士山の西側に位置しているため、やや遠いと感じますが、商業施設も無く、じっくり撮影をすることができるのでボクは好んでよく行きます。

2月16日の午前3時ごろ家を出て東の空が白んでくるかどうかの時間帯には田貫湖畔に到着しました。気温は低く、氷点下8度、北西の風も強く、体感温度はもっと低く感じました。

田貫湖からの富士山

土曜日という事もあり、湖畔を良く見ると既に何人もの人が三脚を立てて構えていました。風が止むことはなく、残念ながら湖面の波は消えず、逆さ富士は撮ることができませんでしたが、青からオレンジへのグラデーションが綺麗な空と富士山を撮ることができました。

田貫湖から見る日の出 田貫湖から見る富士山と日の出

日の出とともに帰路につきましたが、嬉しい誤算で朝霧高原の道の駅付近を車で通過中にダイヤモンド富士になる直前であることに気づき、道の駅で数枚ダイヤモンド富士の写真を撮ることができました。よく見ると道の駅はもちろん、国道沿いにも三脚がずらりと並んでいました。

ダイヤモンド富士

やはりダイヤモンド富士は人気があるのだなと、他人事のように思ったりもしましたが、自分も撮っているわけです。