本州四国連絡橋を撮るぞ、と - TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真

本州四国連絡橋を撮るぞ、と

小さな国、日本。とはいえ人ひとりにとっては十分広い国でもあります。

ボクにはまだ行ったことのない県が数多くあります。その理由の一つが車で移動できる範囲という枠を自分で作ってしまっていたからです。しかしその枠を少し見直してみることにしました。距離と時間を見直してみると、やはり高速道路のインフラ整備が20年前とは比較にならないほど進んでいたのです。

そして四国へ渡る大きな橋を撮ってみようと思ったのです。何の予備知識も持たず、カメラだけを持って出発しました。いやしかし延々高速道路を走ってもなかなか四国に近づかない感じでした。

やっとたどり着いたのが瀬戸大橋。岡山県と香川県の坂出市を結ぶ橋です。橋の途中にある与島PAという所で夜を明かしつつ写真を撮ってみました。今年で25周年を迎えるとのことで、25年も経過しているとカメラを構えて一晩中橋を撮っている人はまずいないようで、一人目立っておりました。

瀬戸大橋

夜が明けて、四国へ渡りました。色々な所へ行ってみたいと思っていましたが、やはり香川県といえばうどんという予備知識だけでは動きもとれず、気づけば鳴門大橋を渡って淡路島へ着てしまいました。

鳴門海峡の渦潮は見えるのか、などと思いながら鳴門大橋近くの道の駅で橋を撮って夜まで時間を使いました。渦は見えませんでした。

鳴門大橋

とりあえず帰るかという事で、鳴門大橋をあとにして明石大橋を撮り、帰路につきました。

何を撮ったか...橋だけを撮った長い旅路でした。ただ、本当に大きな橋でした。人間の高い技術力を感じるとともに、歴史こそ25年ですがエジプトのピラミッドや中国の万里の長城などと同じようにいずれ世界的な歴史的建造物になりうるもの、そう感じました。

ところで、翌週、さらに翌々週、四国にある愛媛県と高知県にも足を延ばすべく車を飛ばしたのはボクの性格上致し方ありませんでした。3週間の走行距離、7000kmです。橋の写真を沢山撮りました。そんなに橋にこだわりは無いのですがね。

岡山県の鷲羽山から撮った瀬戸大橋 香川県坂出市から撮った瀬戸大橋と星の周回運動 aswMG_0634.jpg 土佐湾で見えた天の川 aswMG_1734.jpg 四万十川河川敷