TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真 - 2014年1月アーカイブ

2014年1月アーカイブ

真冬の白川郷

雪深い真冬の白川郷へ行きました。昨年、一昨年と数十回も訪れているのですが、最も雪深い季節に白川郷へ行くのは初めてです。

富士五湖を撮り終えて、その足で中央高速で日本海に抜け、大雪の北陸道を走り抜け、深夜2時ごろ無事に白川郷に到着しました。

深夜3時の白川郷 白川郷のメインストリート

雪はしんしんと降り続いていましたが、とりあえず車で展望台へ行き村全体を撮影。ライトアップの時期だからでしょうか、撮影用のひな壇が雪で作られていました。

白川郷 道の駅「白川郷」の近く

その後雪もやみ、ほぼ快晴という恵まれた天候の中、道の駅で昼寝をして時間を使い、夕刻から再び展望台へ向かいました。多くの海外からの観光客がカメラを構えていました。

合掌造りの家々に灯りがともる(白川郷) 星空と白川郷

満天の星空をバックに白川郷を撮り終え、次の地へ向かいました。

にほんブログ村 写真ブログ

またしても富士山へ

数日前に行ったばかりの河口湖へまたまた行ってきました。どうも逆さ富士が撮影できないと何度も足を運んでしまう症候群のようです。

今回は大石公園からも撮影しましたが、少し西に移動して撮影しました。暖かい空気が入り込んでいるため、気温は3度、いつもより10度近く高い状態でした。

河口湖畔から撮影した夜の富士山

その後、日の出前に精進湖へ移動、日の出のころを撮影しました。精進湖は数センチ程度でしたがほぼ全面が氷に覆われていましたが、日の出前にはワカサギ釣りのボートが動き出し、氷の割れる独特な音が精進湖に響き渡っていました。

冬の精進湖の日の出と富士山

その次に、念のため本栖湖へ移動しました。そこでなんと逆さ富士に出会うことができました。いつ行っても小波が写りこみを消し、逆さ富士を一度も本栖湖では見たことがありませんでした。今回は鏡のごとくきれいな逆さ富士を撮影できました。

本栖湖の逆さ富士

気温の高い日で、車の窓を開けて鳴沢の道の駅で仮眠、夜になり再び精進湖へ行きました。肉眼では富士山がよく見えません。しかし長時間露光で撮影すると富士山と傘雲を撮影できました。強い南風が吹き荒れていて、撮るたびに傘雲は形を大きく変えていました。

夜の精進湖からみた富士山と傘雲

ひとしきり撮影し満足です。このあと甲府へでて中央自動車道で一路白川郷へ向かいました。それについては別の機会に。

にほんブログ村 写真ブログ

再び富士山へ

風呂を上り、さて寝るか...というタイミングでふと風景撮影に出かけることが多いなと、ここ一年ほどを顧みています。

1月21日深夜2時、富士吉田市の天候は良好、但し風がやや強そう、という下調べ結果を踏まえ、河口湖畔から日の出前の富士山撮影をしに出かけました。

予想通りかなりの強風の河口湖畔の大石公園。人は誰もいませんでしたが既に南東方向が黄味がかっていました。風が強いので湖面はさざ波で覆われ、逆さ富士は見えません。

手袋をはめ、水際まで三脚を担いでセッティングをし、しばし風が収まるのを待ちましたが、この日の風は手ごわく成果は下記の1枚。

河口湖畔からの日の出まえの富士山

日が昇って人が増えたころ、西湖、精進湖などをウロウロしてその日の夜には帰宅しました。この日は気温も上昇し、鳴沢の道の駅では3度まで上昇していました。その後夕方から風雪が強まり、いつもの寒さに戻ってしまいました。

どうも今年は読みが甘いなと、反省しています。

にほんブログ村 写真ブログ

冬の只見川

昨春、昨夏と何度か行っている福島県の西会津を流れる只見川。雪深いだろうこの季節に行ってきました。

日の出のころをJR只見線とセットで撮りたくて、前日夜に出発、磐越道の会津坂下ICを深夜3時ごろ降り、ひたすらポイントへ車を走らせました。

しかし降雪後、解けた雪が氷となって路面を覆っていて、予想外に滑る道路になっていて空が白んでくるころにようやく到着しました。場所は金山町というところです。標高は高いわけではありませんが、夏場にみた景色からは想像できないくらい雪に覆われていました。

撮影ポイントは小さなパーキングがある国道沿いですが、積雪が多く柵が見えません。落ちたら只見線の線路ですが、そういう訳にもいかないので三脚を2.5mまで伸ばし、脚立の上でカメラ操作をしながら氷点下10度の中、只見線が来るのを待ちました。

その結果の1枚が下の写真です。川向こうの山々が朝日に照らされているのとは対照的に、手前は山陰、というコントラストの強い一枚を撮りたかったのです。次の列車が来るころは川の手前の岸まで日が当たるため、チャンスは1度だけです。

冬の朝の只見川

また晴れていることも条件となり、狙って撮りに来た結果としてはまずまずでした。列車の動きを入れる為、シャッタースピードを1/800秒程度にして、かつ手前からボケないようにかなり絞って、ISOもかなり高くしていたのですが、只見線は時速20kmくらいでゆっくりと姿を現しました。拍子抜けしてしまいました。

その他の只見川沿いの写真は下のとおりです。

雪山と只見川と鉄橋 夜明け前の只見川

かんじきが欲しいと、心底思った冬の只見川での撮影でした。

にほんブログ村 写真ブログ

昨年は春先の四国中国地方、北陸、東北と色々回ってきましたが、9月からは劇団やタレント、俳優・女優さんの撮影が忙しく、その間風景写真もお休みしていました。

年明けて、久し振りに富士山を撮ってきました。深夜0時を回ったころ家を出て、一路河口湖へ。折からの冬型の気圧配置のため風が強く湖面は常に波があり、逆さ富士は撮影できませんでしたが雪に覆われた富士山の雄姿を沢山撮影できました。
河口湖から見た深夜の富士山
河口湖畔から見た夜明け前の富士山
続いて山中湖畔へ向かいました。前日に降った雪が日陰には残っており凍結もしていました。夕日が沈む姿を撮り、その後深夜2時近くまで山中湖周辺で撮影をしていました。夜になって風がおさまり、月明りに照らされた逆さ富士まで撮影できました。
山中湖長浜地区からの富士山とカメラと三脚
日没後の山中湖畔と富士山
昼間も0度を上回ることのなかった気温は夜になるとさらに下がり、深夜0時頃には氷点下17度、車の中で解けた靴の裏の雪が、外へ出ると再び凍って地面から足が離れないなどのアクシデントも経験しました。
月明りに照らされる富士山と霧
富士山とオリオン座
夜もあける前、精進湖へ向かい撮影、その後夜明けを迎える静岡県の田貫湖から富士山を撮影して帰路に着きました。
田貫湖の夜明け前の富士山
夜明け間近の田貫湖と富士山
何か物足りない撮影でしたが、また出直したいと思っています。

にほんブログ村 写真ブログ