錦秋湖へ - TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真

錦秋湖へ

夏場に行ったら極端に水位が低くてがっかりしていた岩手県の錦秋湖へ行ってきました。桧原湖から足を延ばして行ったのですが、かなり足を延ばした感じです。

着いたのは夜明け前の午前2時ごろ、路面も滑る丑三つ時。ぼんやりと朝のような雰囲気になったので、まず1枚、青い錦秋湖が撮れました。

夜明け前の錦秋湖

その後日の出を待ち、ピンクゴールドとも言えるような色合いを放つ完全凍結した湖面の木々を見つけました。ただ広いともいえない国道沿いで平日という事もあり多くの車が行き来する脇で撮っていたので、自分もそうでしたが運転手からも邪魔に思えたことでしょう。すみません。

錦秋湖の木々 錦秋湖畔の道路

錦秋湖の目玉としてはJR北上線の赤い鉄橋でしょうか。白い雪の中、赤色が映えていました。

錦秋湖とJR北上線