初・宮崎県の高千穂峡 - TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真

初・宮崎県の高千穂峡

鹿児島から高速で日南へ向かい、そのまま海岸線を北上。目指すは人生初の大分県。しかし走れど走れど宮崎県。そろそろ県境かと思ったら、まだ延岡市でした。宮崎県の巨大さを実感した夜でした。

そこで一路高千穂へ向かうことにしました。長野県に八千穂というところがあり、だからどうした、ということではありますが、亀裂のような岩場に横から滝の水が流れ落ちる姿にそそられ、高千穂峡に絞ることにしました。

道の駅の横にある橋から高千穂峡を覗きこむことができました。足がすくむほどの高い位置です。

高千穂峡を上から覗いてみた

さてこの谷の向こう側に見てみたい岩場と滝がありますが、機材のこともあってどれだけ近くに車を停められるかと思いましたが、目と鼻の先に滝がある駐車場がありました。車を停めて大型の三脚とカメラ2台をキャリーに載せゴロゴロと引っ張って滝を目指しました。

なんだか拍子抜けするほど近くだったので、苦労はしませんでしたが、午前中の日差しが滝の水を照らしていました。真名井の滝というのだそうで、観光ガイドなどで見かける構図で撮影をしました。滝が凄いというより、鉛直な崖に挟まれた深い谷が続く光景にむしろ面白さを感じました。

真名井の滝 真名井の滝を石橋から 高千穂峡にかかる橋からみた真名井の滝

滝のあるところから上流も奇岩の迫る迫力のある地形でした。一帯は30分2000円の手漕ぎボートで行き来できますが、この日は休日という事もあり、昼過ぎには2時間待ちになっていました。川面から撮るにはボートに乗るしかなかったので、少々残念です。

高千穂峡の奇岩

撮影するには昼間過ぎて、とにかく休日ということで大勢の観光客が来ているという極めて苦手な状況でしたので、ボートを上から撮って、高千穂峡をあとにしました。

高千穂峡のボート

高千穂峡を含む高千穂にはまだまだ面白いところがありそうで、何度訪れても楽しめそうです。この後は阿蘇山を右に見ながら熊本に向かいました。

広い宮崎県を堪能しました。