錦帯橋撮影記 - TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真

錦帯橋撮影記

錦帯橋といえば、木組みの橋として有名です。九州撮影からの帰路、この錦帯橋が岩国ICから近いという事を知り、朝から晩までその佇まいを撮影しました。

桜も終わった季節で彩りこそありませんでしたが、逆に錦帯橋の存在感が大きく感じられました。撮影は2014年4月15日です。

錦帯橋と散りゆく桜 新緑の頃の錦帯橋

錦帯橋が最初に架けられたのは1673年、それから何度となく流され、橋脚部分は鉄筋コンクリートで石を張り付けた形になったそうです。木組みのアーチ部分は写真の通り見事なまでの組み立てが施されています。

錦帯橋の木組み 錦帯橋と船

夕刻が近くなり、風が収まると逆さ錦帯橋が姿を現し始めました。ここからは一気に夜の錦帯橋までご覧ください。

錦帯橋と黄金色の川面 ライトアップされ始めたころの錦帯橋 夜の錦帯橋 逆さ錦帯橋

闇に浮かぶライトアップされた錦帯橋は昼間に見たそれとは全く趣が異なっていました。今回は実は錦帯橋は渡らずに終わってしまいました。次回は向こう岸から撮ってみたいと思います。