白川郷へ天の川を撮りに - TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真

白川郷へ天の川を撮りに

未だ白川郷の「宿」で夜を明かしたことがないのですが、「野宿」今風に言えばビバークは何度したかわからないくらいです。白川郷は光害が少なく、澄み渡った空に肉眼でわかる程度の天の川を見ることができます。

今回はその天の川を撮りに行ってきました。例によって0時を過ぎたところで白川郷ICを降りましたが、まだ月が明るい時間帯でした。

白川郷 月明りに照らされる白川郷

月が沈むころ、およそ午前3時過ぎくらいからようやく天の川の存在がわかるくらい、そらは暗くなってきました。4時を回ると夜明けが近くなり再び天の川は見えなくなるため、約1時間が勝負です。幸い高気圧が通過中で雲は見当たらない、良い条件でした。

天の川と白川郷

夜が明けてしばらく合掌造りの集落を歩き、昼頃からは車中で昼寝、そして夕方から再び色々と撮影していました。

aswE1X_0510.jpg 新緑と合掌造りの家

そして再び日が暮れて、家々の明かりが灯った集落を撮っていました。人が暮らす集落という感じが一番伝わる時間帯です。

夜の白川郷