TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真 - 水アーカイブ

の最近のブログ記事

天気も安定していた5月26日、石川県輪島市にある白米千枚田(しろよね・せんまいだ)を訪れました。カメラマンや観光客で白米千枚田を見下ろすことができるスペースは閉口してしまうほど大勢の人でにぎわっていました。

日が傾き始めてからカメラと三脚を運んで田植えの終わったばかりの水田を見て回りました。

石川県輪島市の白米千枚田その1 石川県輪島市の白米千枚田と海

陽が沈むころ、カメラマンの数はピークを迎えていました。久しぶりに水平線に沈む太陽を撮ることもできました。

白米千枚田から見る日没 白米千枚田からみる夕陽(3枚のHDR処理) 白米千枚田から見る日没その2

陽が沈むとクモの子を散らしたようにカメラマンは数人を残していなくなってしまいました。ここからがブルーアワーと呼ばれる空のグラデーションが水面に時々刻々と変化しながら映り込む最も美しい時間帯なのですが。すこし残念なのは雲が殆どない快晴だったことで、映り込むグラデーションの変化が乏しかったことです。

日没後の白米千枚田 白米千枚田のブルーアワー

輪島市への道路も毎年整備され、小矢部からのアクセスもかなり良くなっていました。また行く予定です。

にほんブログ村 写真ブログ

夕刻の田園風景

北陸へ向かうとき、何気なく国道253号線を通過していますが、たまたま夏至も近い5月末の夕暮れ時に田植えの終わった上越市の田園が目に入りました。

もう少し北上すると直江津というところですが、一面水を張った田んぼが空を映していましたので、近くの駐車場に車を停めて撮影しました。

新潟県上越市の夕暮れ時の田園その1 新潟県上越市の夕暮れ時の田園その2 新潟県上越市の夕暮れ時の田園その3 新潟県上越市の夕暮れ時の田園その4

日が沈み、ブルーアワーなどと呼ばれる時間になると空を覆っていた雲を沈んだ太陽の光が照らしだし、澄み切った青空では見ることのできない夕焼け空になりました。午後7時過ぎの空と田んぼです。

新潟県上越市の夕暮れ時の田園その5 新潟県上越市の夕暮れ時の田園その6

風も無いこともあり、鏡のような水田の風景でした。

にほんブログ村 写真ブログ

棚田と雲海

前日夜遅く白川郷をあとにして日本海沿いを新潟方面へ走りました。上越ICで降りて国道253号線を十日町方向へ向かう途中、棚田で有名な星峠に寄りました。水を張った棚田と日の出を撮るカメラマンでごった返していました。

霧に包まれていた星峠でしたが、明るくなるにつれ霧が晴れ眼下に雲海が広がる様相になってきました。水田もまだ田植えはほとんど始まっておらず、小さな鏡を並べたような棚田が見えてきました。

そして日が昇り始めました。眠い目を覚ますような雲海からの太陽のお出ましです。

星峠からの日の出 星峠の雲海 星峠でみる光芒 朝露 雲海

かなり日が昇って、ようやく棚田全体が姿を現し始めました。星峠ははずれの日に行くことが多いのですが、今回は十二分に楽しめました。

星峠の棚田と雲海

にほんブログ村 写真ブログ

新緑の白川郷

初めて白川郷に行ったのは数年前、車で安房峠を抜けて高山市から入りました。ここは本当に遠いし山奥で運転が辛い、という感想を持ったのを思い出します。

いつもと違う場所から白川郷を撮る

ところが白川郷、白川村の原風景は何か他と違う、そう感じ始めて年に10回程度は行くようになり、遠いけれども落ち着く場所、というイメージにいつしか変わっていました。

そして前回はいつ行ったのかも思い出すこともなく、5月の半ばに車を走らせ、白川郷を撮影してきました。

白川郷に咲く水芭蕉 白川郷の古民家園にある小川 白川郷の古民家園内

今回、初めて白川郷の中にある古民家園(600円)の中も散策してきました。有料ということもあるのか、目抜き通りのような混雑はなく、一つ一つの合掌造りの家をゆっくり見ることができます。おすすめです。

下の写真は大勢の観光客も帰って、ひっそりとした時間帯の白川郷です。

夕刻をまわったころの白川郷

にほんブログ村 写真ブログ

福島・裏磐梯の新緑

ゴールデンウィークも終わるころ、久しぶりに福島県の裏磐梯へ行きました。ここもまた零時を回ったところで猪苗代ICを降り、裏磐梯へ向かいました。雲も厚く、星空も臨めないため道の駅で仮眠をとり、その後夜明け前に秋元湖へ向かいました。

新緑の秋元湖その1

曇りが幸いしたのか、ほぼ無風で湖面は鏡のように対岸の山を映し出していました。点々と山桜が咲いているのも目に留まりました。

新緑の秋元湖その2 新緑の秋元湖その3

その後思い出したように檜原湖へ向かいました。すでに釣り人のモーターボートが行き来している時間帯であるため、湖面の映り込みなどは期待できませんが、水芭蕉が群生している場所が桧原湖畔には点在している情景を撮るためです。檜原湖の西側へ行くと、何度か見てはいましたが、水芭蕉が林の中に広がっていました。

桧原湖畔の水芭蕉

夜になって再び秋元湖へ行きました。星空の動きをタイムラプスで撮影するために3時間ほどカメラを動かしていました。そのなかの1枚です。

秋元湖の夜の空

撮影後はサービスエリアで夜を過ごし、磐越西線の蒸気機関車を撮りに新潟方面へ向かいましたが、この日が平日で、待てど暮らせど蒸気機関車が現れないと知ったのは夕方でした。よくあることです。

にほんブログ村 写真ブログ

精進湖で逆さ富士を堪能

クリスマスは精進湖で!

2014年のクリスマスは富士五湖の一つ、精進湖で富士山を撮っていました。そして翌々日の12月26日も同じ立ち位置で撮っていました。自宅が圏央道のICに近いことから富士山へのアクセスが良く、都内へ出るよりも気楽に行けることが第一の理由です。

富士五湖はどこも日中は釣り人を運ぶモーターボートの行き来のため湖面には波がたち、なかなか逆さ富士を見ることができませんが、早朝や深夜には風さえ吹かなければ精進湖では子持ち逆さ富士を見ることが可能です。

まずは12月24日の早朝から夜まで。

精進湖からの日の出前の富士山 精進湖からの日の出後の富士山とカメラと雲の帯 精進湖からの夕方の富士山を長時間露光で撮影 夜になって精進湖畔から撮った富士山と怪しい雲

日付は変わって12月26日の早朝から夜まで。

精進湖からの日の出前の逆さ富士 精進湖からの日の出の瞬間のころの富士山と氷 精進湖からの富士山と星空

寒い時期だからこその精進湖畔からの富士山も楽しめます。

にほんブログ村 写真ブログ

3連休と聞いて悩んだ金曜日の夜、土曜日の朝だけ富士山を撮りに行こうと決心し、午前2時半ごろ家を出ました。さすがに連休開始日とあって高速道路は自家用車が多く走っていました。

今回の目的地は富士五湖の一つ河口湖です。紅葉を予測・現況をするサイトを見ると、すでに散りはじめとでていましたので、紅葉は半ばあきらめていました。

早朝の富士山

現地に着くとほんのりと日が昇る方角の空が明るい青色に変わりはじめていました。場所は河口湖畔ある大石公園です。河口湖の水量が多く、逆さ富士を撮る場所が殆ど無い状況でした。しかしそれ以上に霧で富士山どころか河口湖の対岸も見えません。我慢のしどころです。気温は氷点下1度、なかなか下がっています。

見上げれば星が数多く見えていましたので、標高を上げれば雲海だったのでしょう。富士山が見え始めたので数枚撮影し、大石公園よりさらに西に進みました。日が出ていませんがまだモミジが綺麗な感じでした。

紅葉がきれいな河口湖岸の道路 河口湖畔にある木々

しかし待てど暮らせど富士山が見えてきません。仕事の撮影ではありませんが、少しその場で我慢しつつ、周辺のモミジなどを撮っていました。そしてようやく冬化粧した富士山の登場です。

紅葉と富士山

ふと見回すと、多くの観光客がカメラを構えていました。これは早々に帰ろうという事で、午前9時過ぎには河口湖をあとにしました。

秋の富士山

河口湖畔からみる富士山は東側のすそ野が最後まで見え、また全体像も非常に綺麗に見えるので、好きな場所です。2番目は富士山の西側にある田貫湖が同様な理由で好きな場所です。

高い山に登ればまた違った富士山が見えることも知っていますが、日本で一番高い山故、上からは覗きこめません。気軽に綺麗な山を見て楽しむなら、やはり富士山に敵うものは無いのだろうと確信しています。

にほんブログ村 写真ブログ

毎月、埼玉県毛呂山町の埼玉医大に通院しているのですが、その帰りに鎌北湖という小さな湖に寄ることがあります。周囲を殆ど山に囲まれた湖ですが、湖岸にあるモミジと桜が秋と春を彩り豊かにしてくれます。

ということで2014年11月20日に寄ってきました。なかなかきれいに色づいていました。

鎌北湖の紅葉その1 鎌北湖の紅葉その2

鎌北湖は小さな湖ですが細長く湖岸に沿って道路があり、奥にも駐車場があります。そこから車を降りて鎌北湖の対岸の遊歩道を歩くと一周することができます。短いコースですが湖に落ちそうな箇所もあるため明るいうちに歩くのが良いでしょう。

対岸から見えるモミジもなかなかきれいです。

鎌北湖の紅葉その3

鎌北湖には貯水管理棟があるのですが、これが洋風な感じでもあり、湖の良いアクセントにもなっています。外壁が黄色で円筒部分があるからだろうと思います。

鎌北湖の紅葉その4

まだまだ色づく感じでしたが雨も降りだしたのでひとしきり撮影して帰りました。もう一度足を運べたらと考えています。

鎌北湖の紅葉その5 鎌北湖の紅葉その6

にほんブログ村 写真ブログ

錦帯橋撮影記

錦帯橋といえば、木組みの橋として有名です。九州撮影からの帰路、この錦帯橋が岩国ICから近いという事を知り、朝から晩までその佇まいを撮影しました。

桜も終わった季節で彩りこそありませんでしたが、逆に錦帯橋の存在感が大きく感じられました。撮影は2014年4月15日です。

錦帯橋と散りゆく桜 新緑の頃の錦帯橋

錦帯橋が最初に架けられたのは1673年、それから何度となく流され、橋脚部分は鉄筋コンクリートで石を張り付けた形になったそうです。木組みのアーチ部分は写真の通り見事なまでの組み立てが施されています。

錦帯橋の木組み 錦帯橋と船

夕刻が近くなり、風が収まると逆さ錦帯橋が姿を現し始めました。ここからは一気に夜の錦帯橋までご覧ください。

錦帯橋と黄金色の川面 ライトアップされ始めたころの錦帯橋 夜の錦帯橋 逆さ錦帯橋

闇に浮かぶライトアップされた錦帯橋は昼間に見たそれとは全く趣が異なっていました。今回は実は錦帯橋は渡らずに終わってしまいました。次回は向こう岸から撮ってみたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ

九州はどの県も面積が広く、走っても走ってもなかなか目的地に着かないなぁとい印象を持ち始めていました。ただ、昼間と深夜ではその感覚は随分違うものです。

ということで硫黄山をあとにして宮崎自動車道で宮崎県へと向かいました。2014年4月7日夜のことです。翌朝から撮影地のロケハンのため、宮崎市内から南へ海岸線に沿って進みました。

まず着いたのは堀切峠という場所です。道の駅フェニックスに車を停めて眼下を見下ろすと、時代を感じる「鬼の洗濯岩」が規則正しく並んでいるのを目にすることが出来ます。この場では未だ朝日が昇るところを撮ったことが無く、今回もまた然りです。

堀切峠から海を望む 堀切峠からみる鬼の洗濯岩

その後延々と南下して鹿児島県の志布志市で夕方を迎えました。実際にはコンビニを探しに走り続けただけなのですが、夕暮れ時まで「ダグリ岬公園」の見える海岸で砂浜と岩と波を撮影していました。

いずれも波の動きが残る程度のシャッタースピード(1秒前後)で撮影したものです。

志布志市ダグリ岬の海岸その1 志布志市ダグリ岬の海岸その2 志布志市ダグリ岬の海岸その3

日も暮れたので、通った道を戻り、野生馬生息の都井岬へ向かいました。

今回はたまたま前日夜にTVのニュースで都井岬で御崎馬の子供が生まれたというのを知って、ともすれば会えるのではないか、と思い行くことに決めていました。夜が明けるまでは都井岬で車中泊です。眠る前に星空を撮影していました。

都井岬の灯台近くから星の周回運動を撮影 天の川と岩礁を照らすブルーの光

明け方、一度は目が覚めましたが疲労もあり、前回来た時のように馬を追って山を縦に上ることは出来そうも無かったので、二度寝をしてしまいました。改めて起きたのが午前6時、仔馬を探しました。いるのは大きな馬ばかりです。

御崎馬3頭

都井岬は狭くはありません。おいそれと見つかるはずもなく...いました。母馬にくっついているちっちゃい馬。とても近寄ってみる距離にはいませんでしたが、多分ニュースでやっていた仔馬でしょう。

御崎馬の親子を発見

ということで、この先も長い一日でしたので、残念ながら一旦区切ります...眠いのです 苦笑

にほんブログ村 写真ブログ

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10