TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真 - 鳥アーカイブ

の最近のブログ記事

走る白鳥

白鳥は大変大きな鳥です。ということで飛び立つときに苦労するのではないかとその様子を撮りに早朝に行ってきました。場所はラムサール条約にも登録されている新潟県阿賀野市の瓢湖です。

白鳥がこの日は4000羽を超えていました。(何羽飛来しているか掲示されています)その瓢湖の日の出前の6時50分ごろが下の写真です。

日の出前の瓢湖

そして水面を走る白鳥です。

瓢湖の飛び立つ白鳥 瓢湖の飛び立つ白鳥

群れで飛び立つときはかなりの迫力です。正面から撮ってみました。

群れで飛び立つ瓢湖の白鳥

写真の通り、水面を走り飛び立つ豪快な白鳥を見ることができました。一般的には30mから50mの助走が必要とのこと。

ちなみに瓢湖の場合は早朝にほとんどの白鳥が数キロ圏内の田畑へ餌を探しに出かけ、夕方には戻る毎日を送っています。ただ現地で見ている限り、夜8時過ぎの真っ暗な空を群れを成して戻ってくる白鳥も見ています。これも驚きでした。

また田畑から飛び立つときも同じくらいの距離の助走をして飛び立ちます。着水は短距離です。着水の白鳥の写真は下の通りです。

着水する白鳥

にほんブログ村 写真ブログ

再び山中湖へ

深夜の山中湖 眠る白鳥 赤い富士山

昼間、鎌倉と藤沢の間を走る江ノ電の撮影をし、日が暮れたのでその足で東名高速に乗り、御殿場から山中湖へ行き、一晩中山中湖で写真を撮っていました。気温12℃、かなり冷えました。沢山の流れ星、寝ている白鳥、朝日に赤く染まる富士山、湖面から上がる蒸気、色々見ることができ満足です。山中湖っていいですね。

にほんブログ村 写真ブログ

裏磐梯、翌朝

朝の桧原湖 桧原湖のサギ? 風にたなびくススキの穂

桧原湖では夜中も天の川や夜景撮影のために起きていたのですが、雷雨に見舞われ夜明けまで仮眠をとりました。空がピンク色に染まり、静かな朝を迎えたかと思いきや、夏場はエンジン付きボートが爆音をたてて湖面を走り回るのですね...なんか残念でした。さすがに朝の気温は15℃、ススキの穂も風になびき、秋を感じてきました。

にほんブログ村 写真ブログ

山中湖、そして白鳥

黄金色に染まる山中湖 休憩中の白鳥 山中湖の日の出ともや

14℃まで明け方の気温が下がった山中湖。未明まで降り続いた大雨のあとということもあり空気は澄んでいました。白鳥の優美さがワンランク上に見えました。

にほんブログ村 写真ブログ

たぬきこ

日の出前の田貫湖 田貫湖のシオカラトンボ 霧の中の田貫湖 夜明けの田貫湖

2012年7月19日、眠れなくて一度行きたかった田貫湖へ深夜から出かけました。場所は富士山の西側に位置した静岡県内です。ともすれば逆さ富士が撮れるかもと期待しましたが、この時期は陽が昇りだすと蒸気が一面を覆ってしまい富士山もほとんど見ることができませんでした。またトライします。

にほんブログ村 写真ブログ

大井川

ホオジロ 不動滝 現役

大井川沿いはとても自然に恵まれていることを実感してきました。島田市ではお茶の燻すほのかな香りも漂っていました。

にほんブログ村 写真ブログ

山形県酒田市へ

鳥海山 田んぼを走るサギ カモメと田んぼとトラクター アンバランス

連休のはざまの5月2日、山形県へ行ってきました。目指すは秋田県手前の酒田市。広大な田園に圧倒されつつ関東地方の雨とは逆の晴れて27度もある中を疾走。それにしても遠かった。

にほんブログ村 写真ブログ

瓢湖って

瓢湖

瓢湖(ひょうこ)って、こんな池です。鴨だらけ...これに5000羽の白鳥が加わるとか...

にほんブログ村 写真ブログ

シベリアへ

助走中の白鳥 白鳥、離陸 白鳥 白鳥、たぶんシベリアへ

飛び立つ白鳥を撮りに、新潟県北部の瓢湖へ行きました。

残念ながら途中の大雪で到着が遅れ、白鳥たちは餌を探しに近隣の田畑へ飛び立った後でした。外が明るくなるとほとんどの白鳥は近隣の田畑へ餌を食べに行くそうです。

それを聞いて近隣の田畑を探すと数羽の群れの白鳥を数多く見ることができました。

瓢湖には今年のピーク時に5000羽程度飛来していたそうですが、この日はすでに700羽程度。多くはシベリアへ旅立ったとのことです。毎年の白鳥の飛来数の変化は、シベリアの土地環境変化と密接に関係しているそうです。

白鳥は離陸するときに普通の鳥と違い50m程度の助走が必要なのだとか...

田んぼを歩く白鳥

にほんブログ村 写真ブログ

前と後ろ

かわせみ背中 かわせみ腹

近所の入間川にいます。かわせみ。小魚狙いでスタンバイ中です。

にほんブログ村 写真ブログ

1  2  3