TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真 - 川アーカイブ

の最近のブログ記事

新緑の白川郷

初めて白川郷に行ったのは数年前、車で安房峠を抜けて高山市から入りました。ここは本当に遠いし山奥で運転が辛い、という感想を持ったのを思い出します。

いつもと違う場所から白川郷を撮る

ところが白川郷、白川村の原風景は何か他と違う、そう感じ始めて年に10回程度は行くようになり、遠いけれども落ち着く場所、というイメージにいつしか変わっていました。

そして前回はいつ行ったのかも思い出すこともなく、5月の半ばに車を走らせ、白川郷を撮影してきました。

白川郷に咲く水芭蕉 白川郷の古民家園にある小川 白川郷の古民家園内

今回、初めて白川郷の中にある古民家園(600円)の中も散策してきました。有料ということもあるのか、目抜き通りのような混雑はなく、一つ一つの合掌造りの家をゆっくり見ることができます。おすすめです。

下の写真は大勢の観光客も帰って、ひっそりとした時間帯の白川郷です。

夕刻をまわったころの白川郷

にほんブログ村 写真ブログ

錦帯橋撮影記

錦帯橋といえば、木組みの橋として有名です。九州撮影からの帰路、この錦帯橋が岩国ICから近いという事を知り、朝から晩までその佇まいを撮影しました。

桜も終わった季節で彩りこそありませんでしたが、逆に錦帯橋の存在感が大きく感じられました。撮影は2014年4月15日です。

錦帯橋と散りゆく桜 新緑の頃の錦帯橋

錦帯橋が最初に架けられたのは1673年、それから何度となく流され、橋脚部分は鉄筋コンクリートで石を張り付けた形になったそうです。木組みのアーチ部分は写真の通り見事なまでの組み立てが施されています。

錦帯橋の木組み 錦帯橋と船

夕刻が近くなり、風が収まると逆さ錦帯橋が姿を現し始めました。ここからは一気に夜の錦帯橋までご覧ください。

錦帯橋と黄金色の川面 ライトアップされ始めたころの錦帯橋 夜の錦帯橋 逆さ錦帯橋

闇に浮かぶライトアップされた錦帯橋は昼間に見たそれとは全く趣が異なっていました。今回は実は錦帯橋は渡らずに終わってしまいました。次回は向こう岸から撮ってみたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ

九州自動車道を深夜に北上、そして長崎自動車道に移り佐賀県方面へ向かいました。目指すは呼子大橋です。理由は夜の橋が撮りたかったから、それだけです。

多久ICを深夜2時ごろ降りて、カーナビを頼りに加部島を目指しました。呼子大橋は加部島へ渡る大きな橋なのです。初めての佐賀で一般道、それも深夜でしたので何度も道を間違えましたが、随所でiPadminiで現在位置をカーナビとともに正確に把握して進みました。

午前3時、どうやら呼子大橋を渡って加部島の橋が見える「風が見える丘公園」に着いた模様です。確信が持てなかった理由が呼子大橋が予想より小さかったからでした。しかし公園から橋と港町を見下ろし、しばしタバコをくわえ、佐賀だなと感慨深くなっていました。

下の写真2枚が呼子大橋と呼子漁港の夜景です。3時半を回っていたので、漁港を見ているとすでに仕事をされている方も沢山見ることも出来ました。

呼子大橋の夜景 呼子漁港

ということで人っ子一人いなかったので沢山撮ったのですが、なんだか同じような写真ばかりになってしまいました。その後車中で仮眠して夜明けとともに移動しました。ふと見つけたのが「見返りの滝」の看板。土地勘も無く、看板の矢印に従って行ってみました。

落差の大きな滝が見えてきました。人は誰もいません。落差と風のせいで水しぶきが少し気になりましたがゴーっという水の落ちる音を聞いていました。誰も来ません。独り占めです。

見返りの滝

周りをフラフラと散策していると桜がきれいに咲いていました。人はいません。贅沢な環境です。

桜 見返りの滝近くに咲く桜の花

ひとしきり時間を費やして、次にどうしようかと考えながら走っていると菜の花が目立ってきました。そして黄色い列車がその中を駆け抜けているのを遠くに発見。そして近くで撮ったのが下の写真です。

JR唐津線と菜の花

唐津線を追っていましたが、待てよ?佐賀県には有名な棚田があるはず、と思い調べてみると比較的近くにありました。浜野浦棚田です。玄界灘に面し、水張りの頃、棚田の正面の玄界灘に夕日が落ちるという素敵な場所です。

浜野浦棚田に着くと、棚田は菜の花で覆われていました。これから耕して水を張り田植えとなるのかなと、棚田撮影場所から誰もいない棚田を見下ろしていました。

浜野浦棚田と菜の花 浜野浦棚田

西から気圧の谷が近づいていることもあり、日没を待たずに浜野浦をあとにして長崎自動車道の多久ICを目指しました。

残すは福岡サイドから関門橋を撮る、です。

あ、大きいサイズで写真をアップしてました。写真をクリックしてお楽しみください。

にほんブログ村 写真ブログ

初・宮崎県の高千穂峡

鹿児島から高速で日南へ向かい、そのまま海岸線を北上。目指すは人生初の大分県。しかし走れど走れど宮崎県。そろそろ県境かと思ったら、まだ延岡市でした。宮崎県の巨大さを実感した夜でした。

そこで一路高千穂へ向かうことにしました。長野県に八千穂というところがあり、だからどうした、ということではありますが、亀裂のような岩場に横から滝の水が流れ落ちる姿にそそられ、高千穂峡に絞ることにしました。

道の駅の横にある橋から高千穂峡を覗きこむことができました。足がすくむほどの高い位置です。

高千穂峡を上から覗いてみた

さてこの谷の向こう側に見てみたい岩場と滝がありますが、機材のこともあってどれだけ近くに車を停められるかと思いましたが、目と鼻の先に滝がある駐車場がありました。車を停めて大型の三脚とカメラ2台をキャリーに載せゴロゴロと引っ張って滝を目指しました。

なんだか拍子抜けするほど近くだったので、苦労はしませんでしたが、午前中の日差しが滝の水を照らしていました。真名井の滝というのだそうで、観光ガイドなどで見かける構図で撮影をしました。滝が凄いというより、鉛直な崖に挟まれた深い谷が続く光景にむしろ面白さを感じました。

真名井の滝 真名井の滝を石橋から 高千穂峡にかかる橋からみた真名井の滝

滝のあるところから上流も奇岩の迫る迫力のある地形でした。一帯は30分2000円の手漕ぎボートで行き来できますが、この日は休日という事もあり、昼過ぎには2時間待ちになっていました。川面から撮るにはボートに乗るしかなかったので、少々残念です。

高千穂峡の奇岩

撮影するには昼間過ぎて、とにかく休日ということで大勢の観光客が来ているという極めて苦手な状況でしたので、ボートを上から撮って、高千穂峡をあとにしました。

高千穂峡のボート

高千穂峡を含む高千穂にはまだまだ面白いところがありそうで、何度訪れても楽しめそうです。この後は阿蘇山を右に見ながら熊本に向かいました。

広い宮崎県を堪能しました。

にほんブログ村 写真ブログ

人生初・鹿児島県

小学生の頃、電車の時刻表を買って将来の旅行計画を練ったことがあります。ブルートレインの寝台特急「富士」に乗って西鹿児島駅まで、そして指宿などを旅するというものです。当時の国鉄(現JR)には「はやぶさ」という同じ西鹿児島行きの寝台特急もありましたが、富士が日豊本線、はやぶさが鹿児島本線というルートの違いがあり、乗車時間は富士が24時間以上ではやぶさより長いなどの違いがありました。

などと一見詳しそうなことを書きましたが、鉄道に関しては全くの無知な私でございます(笑)

今回、撮影目的ではありますが前postの野生の馬の流れで人生初の鹿児島県を少しだけ体験してきました。東京から車で片道およそ1500km、慣れてきたのでしょうか遠いとは感じませんでした。

まずは桜島を道の駅から観察。噴火なんて見ることはできないだろうな...と思っている目の前で濃い煙がもくもくと桜島から吹きあがりだしました。噴火!と慌ててカメラと三脚を担いで走って海岸線まで行って撮っていました。

桜島の噴火

風景写真で縦位置で撮影することはまずないのですが、気づいたら撮っていました。興奮とは怖いものです。

桜島

しかしふと我に返ると同時に、誰一人慌てている人、興奮している人がいないことに気づきました。小規模噴火は日に何度もあるそうで、道の駅の中には大噴火の写真が飾ってありましたが、真っ赤な溶岩が吹きあがり、それはもう火山の様相で、ボクの見たのは噴煙がちょっと...というレベルだったことを知りました。

こんな3Dミッキーもどきの煙も上がってました。

桜島の噴煙

悔しかったので日没と桜島のセットを撮ってきました。

桜島と日没

この道の駅たるみずには、桜島を眺めながら入れる露天風呂もある温泉館があり、よくある温泉地の浴場の半額くらいの値段で入れました。遠出でいつも風呂探しに奔走することが多いのですが、これは実にありがたく、秘湯ではありませんが浴場としての設備もほぼ完ぺきな温泉です。ここは絶対に人には教えたくありませんね。

道の駅たるみず

時間は前後しますが、桜島へ行く前に川内川にある曽木の滝というところにも行きました。東洋のナイアガラと言われる大きな滝です。東洋のナイアガラと言われる滝は日本中に結構沢山あるので、鹿児島のナイアガラと呼んだほうが良さそうですが。

曽木の滝

太陽が見えない、雨降り前の天気で、平日という事もあり人は誰もいませんでしたが、写真もイマイチでした。展望台などが備わっていて安全ではありますが、川面から撮影したいなと思った次第です。

JR指宿枕崎線

そして日本の鉄道の最南端の駅「JR指宿枕崎線の西大山駅」も行ってきました。最南端ではありますが、普通の無人駅です。目の前に開聞岳という山があります。山はまったくもって詳しくありませんので、ご質問には一切お答えできません。列車は2両編成のディーゼル車が走っていました。鉄道も詳しくないので、ご質問はご遠慮ください。

JR指宿枕崎線の西大山駅 JR指宿枕崎線の西大山駅と開聞岳

というような行き当たりばったりでしたので、写真も趣も何もなくイマイチを超えてイマニです。

ただこのJR指宿枕崎線沿いを車で走っているといたる所で蒸気が上がっていて火山帯の上にいるのだなと感じることができました。関東で温泉地へ行くと硫黄のガスの匂いがしますが、気のせいか鹿児島ではその手の匂いを一度も感じませんでした。

ということで鹿児島からお伝えしました。たぶん近日中に鹿児島へはまた行くでしょう。見どころが沢山ありそうな気がしてなりません。

にほんブログ村 写真ブログ

冬の只見川

昨春、昨夏と何度か行っている福島県の西会津を流れる只見川。雪深いだろうこの季節に行ってきました。

日の出のころをJR只見線とセットで撮りたくて、前日夜に出発、磐越道の会津坂下ICを深夜3時ごろ降り、ひたすらポイントへ車を走らせました。

しかし降雪後、解けた雪が氷となって路面を覆っていて、予想外に滑る道路になっていて空が白んでくるころにようやく到着しました。場所は金山町というところです。標高は高いわけではありませんが、夏場にみた景色からは想像できないくらい雪に覆われていました。

撮影ポイントは小さなパーキングがある国道沿いですが、積雪が多く柵が見えません。落ちたら只見線の線路ですが、そういう訳にもいかないので三脚を2.5mまで伸ばし、脚立の上でカメラ操作をしながら氷点下10度の中、只見線が来るのを待ちました。

その結果の1枚が下の写真です。川向こうの山々が朝日に照らされているのとは対照的に、手前は山陰、というコントラストの強い一枚を撮りたかったのです。次の列車が来るころは川の手前の岸まで日が当たるため、チャンスは1度だけです。

冬の朝の只見川

また晴れていることも条件となり、狙って撮りに来た結果としてはまずまずでした。列車の動きを入れる為、シャッタースピードを1/800秒程度にして、かつ手前からボケないようにかなり絞って、ISOもかなり高くしていたのですが、只見線は時速20kmくらいでゆっくりと姿を現しました。拍子抜けしてしまいました。

その他の只見川沿いの写真は下のとおりです。

雪山と只見川と鉄橋 夜明け前の只見川

かんじきが欲しいと、心底思った冬の只見川での撮影でした。

にほんブログ村 写真ブログ

山梨巡り

ちょっと寒かったのですが、また富士山を撮りに出かけました。今回は山梨県西部です。深夜2時前に家を出て、全面開通した中央道笹子トンネルを抜け、韮崎市へ。

さすがに満天の星空のもと、月が出ていないだけに富士山のシルエットも確認できませんでしたが120秒ほど露光すると雲の上に富士山が写っていました。気温はみるみる下がって薄紫色の空の色に変わるころ、気温は氷点下10℃。耐えて撮る、そんな状況でした。

富士山と中央自動車道と星 富士山と川と朝焼け

ひとしきり中央自動車道とのコラボ写真を撮ったので、陽が昇る前に行ったことのなかった昇仙峡へ車を走らせました。着いてみると人は誰もいなくて、ゴーっという川の流れる音だけが異様とも思える岩岩の間に響き渡っていました。

冬の朝の昇仙峡

その後花曇りではありましたが富士山がまだ見えていたので河口湖まで車を走らせ、昼間の富士山を長時間露光で撮影してきました。

逆さ富士

相変わらず富士山に翻弄されてる宮本です。

にほんブログ村 写真ブログ

雲海

白根山から見た夕焼けと雲海 雲海の下には町の灯りが

6月17日日曜日昼に天気図と真剣に向かい合い、夕方には長野県北部は曇りか雨と予想し、先日も行ったのですが草津温泉と志賀高原の堺、軽井沢北部の白根山へ車を飛ばしました。雲海を撮るためです。

草津側から白根山へ向かい、志賀高原が見渡せた瞬間、急ブレーキを踏むほどの綺麗な雲海が目の前に現れました。気温は5℃、暴風でしたが三脚を手で倒れないように押さえ、必死でシャッターを切りました。

そのあと北陸へ行く予定でしたが標高2000mで腹痛が...ということで帰路につきました。お高い撮影となったのでした。

下は軽井沢近辺で撮った深い緑に囲まれた川です。

軽井沢の緑に囲まれた渓流

にほんブログ村 写真ブログ

春の小川と高いところ

小川 越後湯沢を見下ろす

雪に埋もれて小川も田んぼも畑も分からなかった越後湯沢も雪は無くなり田んぼのカエルの鳴き声がうるさいくらいの季節になりました。緑がうっそうとして綺麗ですが、ヒルも沢山います。苦手です。下はフキノトウのなれの果て...つまり種です。綿毛になるとは知りませんでした。

aMG_1910.jpg

にほんブログ村 写真ブログ

大井川

ホオジロ 不動滝 現役

大井川沿いはとても自然に恵まれていることを実感してきました。島田市ではお茶の燻すほのかな香りも漂っていました。

にほんブログ村 写真ブログ

1  2  3  4