TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真 - 道路アーカイブ

道路の最近のブログ記事

富山県を撮りに

FUJIFILMさんのコンパクトデジカメX30をモニタする機会をいただいたため、そのコンパクトで高性能な機能を生かすべく、雪の富山県へ行ってきました。

FUJIFILM X30 その1

コンパクトデジカメといってもここまでくるとレンズが取れるか取れないか、一眼レフとの違いは少なくなってきます。特にX30かその上位機種は電子ビューファインダーが備わっており、応答速度も人の目ではわからない程度の遅延しかありません。さらに露出補正後の映像がファインダーに見えているわけですから、これは大変ありがたい機能です。

FUJIFILM X30 その2 FUJIFILM X30 その3

そのレビューはこちらにありますので、購入検討中の方などの参考になればと思います。

さて、ここの記事ではX30で撮影した以外の写真も載せますので誤解なきようよろしくお願いします。

2014年12月6日、富山県高岡市は雪でした。

雪の中の路面電車その1 雪の中の路面電車その2

2014年12月7日、雪はやみましたが寒い一日でした。雨晴海岸まで車で向かいました。

雪の富山県その1 雪の富山県その2 雪の富山県その3 雪の富山県その4

以下は念のためですが、FUJIFILM X30で撮影した写真です。

雪の高岡その1 雪の高岡その2 雨晴海岸

レビュー記事にも書いたかもしれませんが、とにかくキャップを除いて、扱いやすいやすいし、高性能高機能、スマホにすぐに写真を転送できるしファインダーが素晴らしい、自分用に欲しくなったカメラでした。

富山県、もちろんいいところです。

にほんブログ村 写真ブログ

3連休と聞いて悩んだ金曜日の夜、土曜日の朝だけ富士山を撮りに行こうと決心し、午前2時半ごろ家を出ました。さすがに連休開始日とあって高速道路は自家用車が多く走っていました。

今回の目的地は富士五湖の一つ河口湖です。紅葉を予測・現況をするサイトを見ると、すでに散りはじめとでていましたので、紅葉は半ばあきらめていました。

早朝の富士山

現地に着くとほんのりと日が昇る方角の空が明るい青色に変わりはじめていました。場所は河口湖畔ある大石公園です。河口湖の水量が多く、逆さ富士を撮る場所が殆ど無い状況でした。しかしそれ以上に霧で富士山どころか河口湖の対岸も見えません。我慢のしどころです。気温は氷点下1度、なかなか下がっています。

見上げれば星が数多く見えていましたので、標高を上げれば雲海だったのでしょう。富士山が見え始めたので数枚撮影し、大石公園よりさらに西に進みました。日が出ていませんがまだモミジが綺麗な感じでした。

紅葉がきれいな河口湖岸の道路 河口湖畔にある木々

しかし待てど暮らせど富士山が見えてきません。仕事の撮影ではありませんが、少しその場で我慢しつつ、周辺のモミジなどを撮っていました。そしてようやく冬化粧した富士山の登場です。

紅葉と富士山

ふと見回すと、多くの観光客がカメラを構えていました。これは早々に帰ろうという事で、午前9時過ぎには河口湖をあとにしました。

秋の富士山

河口湖畔からみる富士山は東側のすそ野が最後まで見え、また全体像も非常に綺麗に見えるので、好きな場所です。2番目は富士山の西側にある田貫湖が同様な理由で好きな場所です。

高い山に登ればまた違った富士山が見えることも知っていますが、日本で一番高い山故、上からは覗きこめません。気軽に綺麗な山を見て楽しむなら、やはり富士山に敵うものは無いのだろうと確信しています。

にほんブログ村 写真ブログ

九州から離脱の直前が門司です。その前夜、4月12日に高千穂峡へ向かったのですが、大雨が続き撮ったのは雨上がりの深夜、霧の中に浮かび上がった天翔大橋だけでした。コンクリート製のアーチ橋では日本最大の橋です。橋の照明は午前零時に消灯され、雲を通してほのかな月明りを頼りに撮影しました。

深夜の天翔大橋

4月14日、門司に着きました。残念ながら門司駅は工事中で古き良き駅舎を見ることはできませんでしたが、多くのヤードを抱える門司駅を撮影できました。背景には関門橋もあります。

門司駅 夜の門司駅

数多くの線路がキラキラとしていて模型の世界の雰囲気を味わうことができました。これを撮影した陸橋は西に目を向けると日の入りも見ることができました。ずっと橋のでカメラを構えているのは傍目にはどう映ったのでしょうか...

門司港の夕景

ひとしきり撮影してコインパークまで戻りましたが、すでに夜8時になっていました。港に沿って歩いていたのですが、今回はレンガ造りの建物などはスルーという結果になってしまいました。夜景を少し撮りましたが、少し明るい時間帯にもう一度歩いてみたいと思っています。

関門橋と港の船 門司のレトロでキラキラしている街並み

4月に撮影に訪れた九州もこの日に関門橋を渡って本州へと戻りました。いやはや、色々行ったなぁ

にほんブログ村 写真ブログ

嘉例川駅から錦江湾、鹿児島湾の西側をさらに南下してJR枕崎指宿線にある最南端の駅、西大山駅近くに深夜に到着しました。

車から空を見ると、満天の星と天の川、そして迫りくるパトカーが見えていました。前月にも同じ場所に来ましたが雲に覆われ見ることはできませんでした。パトカーの目的はボクでしたので、ISO51200設定で手持ち撮影した天の川の写真を見せて納得してもらいました。

いっぷくして早速三脚に小さな赤道儀「ポラリエ」を取り付けて天の川を撮影しました。少し雲も写っています。16mm f/2.8 ISO3200 30秒露光です。下に広がる畑や電柱のブレもさほど気にならない結果です。

西大山駅近くで撮影した天の川

下は35mm f/2.8 ISO1600 30秒で拡大して撮影したものです。いずれも明るさを調整していますが、赤道儀のおかげで星たちはほぼ点描になっています。

西大山駅近くで撮影した天の川(35mm)

その後、西大山駅の駐車場で仮眠、無人駅のホームから開聞岳を撮影しました。ゆっくりと加速して去っていくディーゼル車を見届け、さらに西へと車を走らせました。

開聞岳は鹿児島県の南端にある火山で標高は924m、日本の百名山にも選ばれています。開聞岳が遮る太陽光でできた影が海に映ると、そこには暗い所を求めて多くの魚が集まり、漁業にとっても欠かせない山でもあります。

JR枕崎指宿線の西大山駅から見る開聞岳 JR枕崎指宿線の西大山駅から見る開聞岳と列車

番所鼻...鼻?気になって立ち寄ってみると開聞岳を背景に手前には海を囲むような変わった岩場がありました。ここから見える景色を伊能忠敬が「天下の絶景なり」と賞賛した場所だそうです。番所は薩摩藩の番所があったことから名前がついているそうです。

番所鼻から開聞岳を望む 番所鼻から開聞岳と船を見る

この日は風が強く、お世辞にも静かな海と言える状況ではなかったので、長時間露光などで撮影してきました。

番所鼻の岩場

ひとしきり撮影し、さらに西へ向かいました。目指すは野間岳の西側。でしたが、ガソリンが無くなりそうだったので今回は諦めました。地図で国道226号を見るとよくわかるのですが、岸壁を縫うように続く国道の距離は想像を超えるものでした。戻り際、遠くに開聞岳が小さく見えていました。ここは鹿児島の南西端、そう思うとなぜか感慨深くなりました。

南さつま市から見える開聞岳

車と自分にエネルギー補給を済ませた後はせびら自然公園という国道沿いの小さな公園で夕刻まで過ごしました。TVのCMでも使われた開聞岳を背景にした日本画のような風景の場所です。

せびら自然公園から開聞岳を望む せびら自然公園下の海岸で撮った日の入り後

橋の下で沈む夕陽も撮影していました。何か物足りない一日でしたが、あらためて地図を眺めると一日で回ること自体に無理があった気がします。

このブログを書いていると無性に遠くに行きたくなる自分に気づきました。

にほんブログ村 写真ブログ

九州側からみた関門橋

2014年3月18日、初の九州遠征で九州から離れる時がきました。

もっともこの記事をエントリーしている時点で2度目の九州遠征も実は終わってまして、次の遠出も考えている最中です。

九州を離れるとき、高速道路なら関門橋を渡ることになります。海底トンネルもありますが、トンネルはやはり周囲の視界を遮るため通行するには有難いのですが趣はありません。ということで佐賀県からそのまま高速道を降りることなく本州へ渡ることにしました。

関門橋の九州側には関門橋を見渡せる「めかりパーキングエリア」というのが設けられています。敷地内には関門橋がよく見える展望コーナーも設けられています。

ただサービスエリアから見る関門橋は下から見上げる形となり、それはそれで良いのですが、走る車のライトの軌跡もカメラに収めたいとなると別の場所に移動しなければなりません。

そこでカメラと三脚を担いでサービスエリアの一角から門司城址を取り巻く細い一般道に歩いてでて、やや急な坂道ですが10分ほど歩くと関門橋を上から見ることができる展望台にたどり着くことができます。夜、霧雨も降る天候でしたがその時に撮ったのが下の写真群です。門司港も含めて見渡せるロケーションです。

関門橋の夜景-門司サイドから 関門橋-門司サイドから 門司港の夜景

昼間、というか夕景は下のような殺風景な感じです。霧でも出ればまた風情もあるのでしょう。え、九州から見てるのになぜ太陽が左上に?と思った方はなかなか鋭いです。関門橋は本州と九州を結ぶ橋で東西にかかっていると思いがちですが、地図をよく見ると下関から門司にかけては北西から南東に伸びている橋なのです。ということで夕陽が九州側から見えるというわけです。

夕陽と関門橋

以上です。と思ったら、この後岡山県で瀬戸大橋手前に寄り道していました。関門橋を間近で見てから瀬戸大橋のたもとに行くとスケールが全く違って、瀬戸大橋の巨大さが良くわかります。通行料はとても高いので香川県には渡りませんでしたが、鷲羽山まわりから何枚か撮影しました。夜景を何度も撮影しているので、明るい時間帯の瀬戸大橋もやはり物足りなく感じますが。

瀬戸大橋その1 瀬戸大橋その2

次は第2回九州遠征の記事をpostする予定です。

にほんブログ村 写真ブログ

錦秋湖へ

夏場に行ったら極端に水位が低くてがっかりしていた岩手県の錦秋湖へ行ってきました。桧原湖から足を延ばして行ったのですが、かなり足を延ばした感じです。

着いたのは夜明け前の午前2時ごろ、路面も滑る丑三つ時。ぼんやりと朝のような雰囲気になったので、まず1枚、青い錦秋湖が撮れました。

夜明け前の錦秋湖

その後日の出を待ち、ピンクゴールドとも言えるような色合いを放つ完全凍結した湖面の木々を見つけました。ただ広いともいえない国道沿いで平日という事もあり多くの車が行き来する脇で撮っていたので、自分もそうでしたが運転手からも邪魔に思えたことでしょう。すみません。

錦秋湖の木々 錦秋湖畔の道路

錦秋湖の目玉としてはJR北上線の赤い鉄橋でしょうか。白い雪の中、赤色が映えていました。

錦秋湖とJR北上線

にほんブログ村 写真ブログ

山梨巡り

ちょっと寒かったのですが、また富士山を撮りに出かけました。今回は山梨県西部です。深夜2時前に家を出て、全面開通した中央道笹子トンネルを抜け、韮崎市へ。

さすがに満天の星空のもと、月が出ていないだけに富士山のシルエットも確認できませんでしたが120秒ほど露光すると雲の上に富士山が写っていました。気温はみるみる下がって薄紫色の空の色に変わるころ、気温は氷点下10℃。耐えて撮る、そんな状況でした。

富士山と中央自動車道と星 富士山と川と朝焼け

ひとしきり中央自動車道とのコラボ写真を撮ったので、陽が昇る前に行ったことのなかった昇仙峡へ車を走らせました。着いてみると人は誰もいなくて、ゴーっという川の流れる音だけが異様とも思える岩岩の間に響き渡っていました。

冬の朝の昇仙峡

その後花曇りではありましたが富士山がまだ見えていたので河口湖まで車を走らせ、昼間の富士山を長時間露光で撮影してきました。

逆さ富士

相変わらず富士山に翻弄されてる宮本です。

にほんブログ村 写真ブログ

大雪で帰れない、と

12月11日、少し天候は荒れるだろうと予測をしていましたが、高速道路や一般道が雪による事故や吹雪で通行止めになって帰れなくなるとは思ってもいませんでした。

asMG_5175.jpg

昼過ぎに新潟県のブナの林「美人林」へ車を走らせました。時折雪は舞うものの晴れベースでした。が、美人林に着くと除雪した雪で近寄ることは困難、そのまま引き返すのももったいないので上越インターで糸魚川あたりを目指しました。

しかし途中で仮眠をとると、爆睡、目が覚めたら大雨と暴風でした。これはまずいと引き返そうと思ったら関越自動車道が通行止め、仕方なく西へ進み、せっかくだからと白川郷へ行きました。

asMG_5266.jpg

着いたのは深夜2時、とりあえず道の駅へ行きました。夜が明けるのを待って、空が白んでから白川郷の中を車でウロウロ、夜を徹して行われていた除雪作業の邪魔にならないように車を停めて何枚か写真を撮って早々に帰ろうと思ったところ、北陸道も通行止め、仕方なく高山市内を抜けて安房峠、塩尻、そして中央道を走りました。

asMG_5192.jpg

さすがに雪道に慣れていないため、中央高速のSAでまたも爆睡、気づいたら22時ごろでした。笹子トンネルの通行止めは続いていたため、河口湖で夜の富士山を撮って帰路につきました。

想定外の走行距離と疲労でしたが、豪雪の白川郷を早朝に見ることができたことは嬉しい誤算でした。ただ、数日前に白川郷に行ったばかり、とても遠いのですがね。

にほんブログ村 写真ブログ

大井川と御前崎

大井川鉄道の蒸気機関車 大井川沿いの森の断面 おぼろ月夜の御前崎

江の島へ行ってから、もっと人のいない海に行きたい、と思い、雨上がりを見計らって大井川鉄道のSLを見てから御前崎に行ってきました。さすがに人がいません。午後から雲が増え、夕焼けは見ることはできませんでしたが深夜に海風を全身で浴び、頭痛になりました。ちなみに浜岡原発の隣に位置する浜岡砂丘にも行きましたが、見事に砂の斜面で足をとられ、コケてしまいました。身もカメラもズタズタです。

にほんブログ村 写真ブログ

店を出たら雨だった

雨の新宿 深夜の首都高速代々木PA

久しぶりに新宿に行きまして、店を0時過ぎに出たら土砂降りでした。傘も無く、雨が止むまでひたすら待っていました。そして無事車にたどり着き首都高に乗ったら反対方向...ついてない日もあるものです。

にほんブログ村 写真ブログ

1  2  3