TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真 - 朝焼けアーカイブ

朝焼けの最近のブログ記事

富士山を撮りに深夜に家を出ました。2015年5月22日午前1時ごろです。そして山中湖畔に到着、わずかに見えた富士山はすぐに立ち込めた霧の中へ消えていきました。

山中湖畔の深夜

湖畔も霧に包まれひっそりとしていましたが、頭上を見るとわずかに星が見えます。これはひょっとして霧の上つまり雲海の上に行けば、富士山も街の灯りで照らされた雲海も見えるかもしれない、そう思い近くのパノラマ台へ車で移動しました。

予想通りの景色が広がっていました。午前4時前ということもあり、空はかなり明るくなっていますが、星もきれいに見えていました。

山中湖パノラマ台から見た深夜の富士山と雲海

雲海がなくなり夜が明けると、きれいな朝焼けと紅富士も捉えることができました。この日は当たりでした。

山中湖パノラマ台でみる朝焼け 山中湖パノラマ台から撮影した富士山

にほんブログ村 写真ブログ

棚田と雲海

前日夜遅く白川郷をあとにして日本海沿いを新潟方面へ走りました。上越ICで降りて国道253号線を十日町方向へ向かう途中、棚田で有名な星峠に寄りました。水を張った棚田と日の出を撮るカメラマンでごった返していました。

霧に包まれていた星峠でしたが、明るくなるにつれ霧が晴れ眼下に雲海が広がる様相になってきました。水田もまだ田植えはほとんど始まっておらず、小さな鏡を並べたような棚田が見えてきました。

そして日が昇り始めました。眠い目を覚ますような雲海からの太陽のお出ましです。

星峠からの日の出 星峠の雲海 星峠でみる光芒 朝露 雲海

かなり日が昇って、ようやく棚田全体が姿を現し始めました。星峠ははずれの日に行くことが多いのですが、今回は十二分に楽しめました。

星峠の棚田と雲海

にほんブログ村 写真ブログ

もう11月なんですね。紅葉まっただ中の土地もあると思いますが、4月の九州撮影のブログをこうして書いています。

1日中野生馬を追いかけて、翌日はこれまでスルーしていた場所へ夜明け前からスタンバイしていました。それは宮崎県南部の日南線の橋と日の出をセットで撮るためでした。結果としてはちょっとした雲のため、イメージしたものとは違う写真になりましたが、柔らかな光の中で撮ることができました。

早朝の日南線 ゆっくりと橋を渡る日南線

明るくなってから向かいの地続きの島の海岸からも撮りました。全く趣の異なる写真です。

虚空蔵島から撮影した日南線

夜明けとはいえまだまだ早い時間でしたが、凄い所にあるといわれる鵜戸神宮へ向かいました。

広い駐車場に着くと誰もいません。お土産店もまだシャッターが下りたままです。ここから鵜戸神宮へ標識を頼りに歩いて向かいました。そして発見したのが、太平洋に面した断崖絶壁にある洞窟の中に建てられた拝殿。これは見応えがあります。もちろん洞窟の中に入ってじっくり見ることも出来ます。

鵜戸神宮のある洞窟と太平洋 鵜戸神宮拝殿 洞窟の奥から外を見る

この洞窟は概ね東向きでかつ横長の入り口です。ということは朝の短い時間に太陽が拝殿まで照らしそれも季節によっては殆ど陽の光が入らないこともありそうです。天候にも恵まれたこの日はその朝の貴重な時間を見ることができました。

拝殿の中にも陽の光が射し込んでいました。日南線沿いには面白い所が数多くあります。

朝日が射し込む鵜戸神宮の拝殿 鵜戸神宮

さてお次は九州本土の最後のエントリーの予定です。場所は北九州市の門司、お楽しみに。

にほんブログ村 写真ブログ

野生の馬を撮りに

日本に野生の馬がいるなんて、実は今回の撮影で初めて知りました。宮崎県串間市の都井岬というところに生息しています。御崎馬というのだそうで、国の天然記念物に指定されています。下の写真は都井岬から北方向を見た景色です。

都井岬から見た景色

都井岬には2014年3月14日午後に到着、街へ逃げ出さないためのゲートが設けられていて、管理費400円を払って通過。するとどうでしょう!馬、いました。自由気ままに好きな所で雑草か何かを食べています。

御崎馬

野生ですので馬小屋も無く、エサも馬自身が探して食べるだけです。馬糞もそこかしこに散らばっています。季節的には雑草もほとんど生えていないため、あばら骨が見えるくらい痩せています。が、人間が餌を与えてはダメなのです。野生ですから。

パカラッパカラッと走ることは無く、おとなしそうな感じですが馬の後ろに回ると蹴られるため注意、という看板が沢山ありました。

ということで車を置いて、馬のいる極端に急斜面の山を登りシャッターを切りました。次第に夜になり街灯も無く月明りだけの暗い場所になったため、月明りの照らす風景などを撮影していました。すると寝ていると思った馬が相変わらず餌を探している状態で写真に小さく写り込んでいました。この時初めて野生の馬なんだなと思った次第です。

月明りの照らすベンチ 都井岬の灯台 月明りのもとで食事をする御崎馬

月が沈み、天の川が見えだしたのも束の間、天の川も薄くなりだし東の水平線がオレンジがかってきました。朝です。

月の入り 都井岬から見る天の川

この朝日をバックに馬を撮りたいと思っていましたので、またしても急斜面を息を切らしながら登りました。見渡すと沢山の馬が木の枝や枯れた雑草を食べていました。

御崎馬のシルエット 御崎馬 朝日を浴びる御崎馬 海を背景にした御崎馬

かなりの急斜面での撮影を強いられ、万が一にも蹴られないように200mmのレンズで少し離れて撮影しました。馬は数頭でグループを作って行動しているような感じでした。撮っていて気づいたのは、昨夕に撮っていた馬たちでした。小ぶりな馬ではありますが、ヒヒーンと鳴いたり、馬でした。

急斜面にいる御崎馬

沢山撮りましたが、この馬たちにはまた会いに行こうと思った次第です。

にほんブログ村 写真ブログ

錦秋湖へ

夏場に行ったら極端に水位が低くてがっかりしていた岩手県の錦秋湖へ行ってきました。桧原湖から足を延ばして行ったのですが、かなり足を延ばした感じです。

着いたのは夜明け前の午前2時ごろ、路面も滑る丑三つ時。ぼんやりと朝のような雰囲気になったので、まず1枚、青い錦秋湖が撮れました。

夜明け前の錦秋湖

その後日の出を待ち、ピンクゴールドとも言えるような色合いを放つ完全凍結した湖面の木々を見つけました。ただ広いともいえない国道沿いで平日という事もあり多くの車が行き来する脇で撮っていたので、自分もそうでしたが運転手からも邪魔に思えたことでしょう。すみません。

錦秋湖の木々 錦秋湖畔の道路

錦秋湖の目玉としてはJR北上線の赤い鉄橋でしょうか。白い雪の中、赤色が映えていました。

錦秋湖とJR北上線

にほんブログ村 写真ブログ

霧氷を狙って

天気図とにらめっこをして福島県北塩原村の裏磐梯にある桧原湖畔へ車を走らせました。霧氷とやらを撮るためです。

枯れ枝むき出しの木々は何度も見ていますが、その枝に氷がびっしりとついている姿を撮ることができました。

桧原湖畔の樹氷・霧氷 桧原湖畔の樹氷・霧氷その2 桧原湖畔の樹氷・霧氷その3 桧原湖畔の樹氷・霧氷その4 桧原湖畔の樹氷・霧氷その5

偶然といえば偶然かもしれません。この手の景色は狙って撮りに行っても5回に1回あるかないか、そんな感じです。それでも何度も来ている桧原湖畔で初めて見た霧氷・樹氷は深い雪にうずもれながらも見入ってしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ

月の光を侮るなかれ

月の光というのは、太陽の光の40万分の1ともいわれる程度の明るさです。でも、月明りの中を歩いて、自分の影が鮮明に見えたりしたことはありませんか?というわけで、毎度の月明りで撮る富士山をまたやってみました。

月はほぼ満月、2013年2月23日です。まずは河口湖へ向かいました。天候にも恵まれましたが、到着してみると富士山頂には雲がかかっていました。無風に近い状況でしたので、河口湖面にはその富士山がクッキリと映っていました。

夜の富士山、河口湖にて

次に向かったのは河口湖畔の北側の道路を西に進むと到着する富士五湖の一つ、西湖です。西湖からは山に阻まれて富士山を見ることができる場所が限られています。今回は西湖の西端、深夜2時前です。ここでも富士山には雲がかかっていましたが、露光時間を100秒以上に設定して、滑らかな雲にしてみました。ここでも無風で綺麗に逆さ富士が見えていました。

夜の富士山、西湖から

その後、最近何度も足を運ぶ静岡県の田貫湖へ向かいました。月もほぼ真上にあり、湖畔から撮影するとまるで昼間の写真のようになりました。

月明りで撮る富士山、田貫湖から

実は月明りで空全体が明るくなるのは太陽の出ている時と同じで、非常に濃い色ですが青空になっています。露光時間を長くすると空が青く写るのはこのためです。

ひとしきり撮り終えて、日の出を待ちましたが、気づいたら爆睡、目が覚めたら太陽が昇る直前でした。慌てて手持ちで数枚撮影、なんとかグラデーションが綺麗な空を富士山と一緒に撮ることができました。

夜明けの富士山、田貫湖から

このあとは静岡県の御前崎と浜岡砂丘へ行き、夕焼け空を撮影して帰路につきました。

冬の御前崎の海 浜岡砂丘の夕景

満月ではなくても半月程度からかなり明るい夜景を撮る助けをしてくれる月明り。太陽と異なり冬場でも真上から照らしてくれる時があり、不思議な影を創ってくれます。侮れません。

あ、ちなみに田貫湖から御前崎へ向かう途中、大井川鉄道で蒸気機関車を撮りに行きました。しかし見事に失敗写真大量生産しました(笑)

大井川鉄道の線路

にほんブログ村 写真ブログ

再び田貫湖へ

人造湖故、富士五湖には数えられないのかどうかは知りませんが、静岡県の富士宮市にある田貫湖は富士山のなだらかな裾野まで見渡せる自然豊かな湖です。関東からは富士山の西側に位置しているため、やや遠いと感じますが、商業施設も無く、じっくり撮影をすることができるのでボクは好んでよく行きます。

2月16日の午前3時ごろ家を出て東の空が白んでくるかどうかの時間帯には田貫湖畔に到着しました。気温は低く、氷点下8度、北西の風も強く、体感温度はもっと低く感じました。

田貫湖からの富士山

土曜日という事もあり、湖畔を良く見ると既に何人もの人が三脚を立てて構えていました。風が止むことはなく、残念ながら湖面の波は消えず、逆さ富士は撮ることができませんでしたが、青からオレンジへのグラデーションが綺麗な空と富士山を撮ることができました。

田貫湖から見る日の出 田貫湖から見る富士山と日の出

日の出とともに帰路につきましたが、嬉しい誤算で朝霧高原の道の駅付近を車で通過中にダイヤモンド富士になる直前であることに気づき、道の駅で数枚ダイヤモンド富士の写真を撮ることができました。よく見ると道の駅はもちろん、国道沿いにも三脚がずらりと並んでいました。

ダイヤモンド富士

やはりダイヤモンド富士は人気があるのだなと、他人事のように思ったりもしましたが、自分も撮っているわけです。

にほんブログ村 写真ブログ

山梨巡り

ちょっと寒かったのですが、また富士山を撮りに出かけました。今回は山梨県西部です。深夜2時前に家を出て、全面開通した中央道笹子トンネルを抜け、韮崎市へ。

さすがに満天の星空のもと、月が出ていないだけに富士山のシルエットも確認できませんでしたが120秒ほど露光すると雲の上に富士山が写っていました。気温はみるみる下がって薄紫色の空の色に変わるころ、気温は氷点下10℃。耐えて撮る、そんな状況でした。

富士山と中央自動車道と星 富士山と川と朝焼け

ひとしきり中央自動車道とのコラボ写真を撮ったので、陽が昇る前に行ったことのなかった昇仙峡へ車を走らせました。着いてみると人は誰もいなくて、ゴーっという川の流れる音だけが異様とも思える岩岩の間に響き渡っていました。

冬の朝の昇仙峡

その後花曇りではありましたが富士山がまだ見えていたので河口湖まで車を走らせ、昼間の富士山を長時間露光で撮影してきました。

逆さ富士

相変わらず富士山に翻弄されてる宮本です。

にほんブログ村 写真ブログ

新年最初の撮影は御前崎

今年最初の遠出は静岡県の御前崎でした。水平線に太陽が沈む動画撮影が目的です。

水平線に太陽が沈む様を真冬に撮影するのは実は厄介で、天気図で言う冬型の気圧配置の時は頭上は晴天ですが、西方向の海上には筋状の雲が広がっていることが大半です。つまり見えるのは雲に沈んでいく様ということです。

年末から天気図を眺め、移動性高気圧が西日本を覆う頃を待っていました。そして1月4日に撮れそうだと判断して未明に出発、夜明け前には静岡県に入りました。

asMG_1455.jpg

夕方までは時間があるため、みかん畑に囲まれた、太平洋から由比ヶ浜、富士山まで見渡せる静岡県の薩堆(さった)峠から日の出前に撮影しました。眼下には東名高速、国道一号線、JR東海道線もあります。海から吹きあがってくる強風でブレのある失敗写真を大量生産してしまいました。

陽が昇る前には退散して、目的地である御前崎へ車を走らせました。

正月休み中という事もあり、意外と多くの人が来ていました。いつも海からの強風が吹きつけ、身もカメラもズタズタになるのですが、この日も同じでした。砂浜ではないため、砂がレンズのフォーカスリングに入り込むことは無いのですが、海水のしぶきがレンズに付いて乾燥してしまい塩の結晶がすぐにできてしまいます。

asMG_1504.jpg

夕刻になり予想通りの夕焼けとなり、動画撮影を完了。辺りは真っ暗になっていました。そのまま帰路に着いたのですが、せっかく風が少ないのだからと、途中仮眠を兼ねて静岡県の田貫湖へ寄りました。23時頃です。気温は低く、氷点下10℃程度まで下がっていました。

asMG_5757.jpg

それでも富士山の向こう側に有るだろう月からの光が富士山のシルエットを浮かび上がらせ、さらに湖面には逆さ富士、寒さと靴に浸み込んだ海水は気にせず富士山を撮っていました。はい、想定通り風邪ひきました。

にほんブログ村 写真ブログ

1  2  3  4