TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真 - 光アーカイブ

の最近のブログ記事

天気も安定していた5月26日、石川県輪島市にある白米千枚田(しろよね・せんまいだ)を訪れました。カメラマンや観光客で白米千枚田を見下ろすことができるスペースは閉口してしまうほど大勢の人でにぎわっていました。

日が傾き始めてからカメラと三脚を運んで田植えの終わったばかりの水田を見て回りました。

石川県輪島市の白米千枚田その1 石川県輪島市の白米千枚田と海

陽が沈むころ、カメラマンの数はピークを迎えていました。久しぶりに水平線に沈む太陽を撮ることもできました。

白米千枚田から見る日没 白米千枚田からみる夕陽(3枚のHDR処理) 白米千枚田から見る日没その2

陽が沈むとクモの子を散らしたようにカメラマンは数人を残していなくなってしまいました。ここからがブルーアワーと呼ばれる空のグラデーションが水面に時々刻々と変化しながら映り込む最も美しい時間帯なのですが。すこし残念なのは雲が殆どない快晴だったことで、映り込むグラデーションの変化が乏しかったことです。

日没後の白米千枚田 白米千枚田のブルーアワー

輪島市への道路も毎年整備され、小矢部からのアクセスもかなり良くなっていました。また行く予定です。

にほんブログ村 写真ブログ

夕刻の田園風景

北陸へ向かうとき、何気なく国道253号線を通過していますが、たまたま夏至も近い5月末の夕暮れ時に田植えの終わった上越市の田園が目に入りました。

もう少し北上すると直江津というところですが、一面水を張った田んぼが空を映していましたので、近くの駐車場に車を停めて撮影しました。

新潟県上越市の夕暮れ時の田園その1 新潟県上越市の夕暮れ時の田園その2 新潟県上越市の夕暮れ時の田園その3 新潟県上越市の夕暮れ時の田園その4

日が沈み、ブルーアワーなどと呼ばれる時間になると空を覆っていた雲を沈んだ太陽の光が照らしだし、澄み切った青空では見ることのできない夕焼け空になりました。午後7時過ぎの空と田んぼです。

新潟県上越市の夕暮れ時の田園その5 新潟県上越市の夕暮れ時の田園その6

風も無いこともあり、鏡のような水田の風景でした。

にほんブログ村 写真ブログ

富士山を撮りに深夜に家を出ました。2015年5月22日午前1時ごろです。そして山中湖畔に到着、わずかに見えた富士山はすぐに立ち込めた霧の中へ消えていきました。

山中湖畔の深夜

湖畔も霧に包まれひっそりとしていましたが、頭上を見るとわずかに星が見えます。これはひょっとして霧の上つまり雲海の上に行けば、富士山も街の灯りで照らされた雲海も見えるかもしれない、そう思い近くのパノラマ台へ車で移動しました。

予想通りの景色が広がっていました。午前4時前ということもあり、空はかなり明るくなっていますが、星もきれいに見えていました。

山中湖パノラマ台から見た深夜の富士山と雲海

雲海がなくなり夜が明けると、きれいな朝焼けと紅富士も捉えることができました。この日は当たりでした。

山中湖パノラマ台でみる朝焼け 山中湖パノラマ台から撮影した富士山

にほんブログ村 写真ブログ

棚田と雲海

前日夜遅く白川郷をあとにして日本海沿いを新潟方面へ走りました。上越ICで降りて国道253号線を十日町方向へ向かう途中、棚田で有名な星峠に寄りました。水を張った棚田と日の出を撮るカメラマンでごった返していました。

霧に包まれていた星峠でしたが、明るくなるにつれ霧が晴れ眼下に雲海が広がる様相になってきました。水田もまだ田植えはほとんど始まっておらず、小さな鏡を並べたような棚田が見えてきました。

そして日が昇り始めました。眠い目を覚ますような雲海からの太陽のお出ましです。

星峠からの日の出 星峠の雲海 星峠でみる光芒 朝露 雲海

かなり日が昇って、ようやく棚田全体が姿を現し始めました。星峠ははずれの日に行くことが多いのですが、今回は十二分に楽しめました。

星峠の棚田と雲海

にほんブログ村 写真ブログ

白川郷へ天の川を撮りに

未だ白川郷の「宿」で夜を明かしたことがないのですが、「野宿」今風に言えばビバークは何度したかわからないくらいです。白川郷は光害が少なく、澄み渡った空に肉眼でわかる程度の天の川を見ることができます。

今回はその天の川を撮りに行ってきました。例によって0時を過ぎたところで白川郷ICを降りましたが、まだ月が明るい時間帯でした。

白川郷 月明りに照らされる白川郷

月が沈むころ、およそ午前3時過ぎくらいからようやく天の川の存在がわかるくらい、そらは暗くなってきました。4時を回ると夜明けが近くなり再び天の川は見えなくなるため、約1時間が勝負です。幸い高気圧が通過中で雲は見当たらない、良い条件でした。

天の川と白川郷

夜が明けてしばらく合掌造りの集落を歩き、昼頃からは車中で昼寝、そして夕方から再び色々と撮影していました。

aswE1X_0510.jpg 新緑と合掌造りの家

そして再び日が暮れて、家々の明かりが灯った集落を撮っていました。人が暮らす集落という感じが一番伝わる時間帯です。

夜の白川郷

にほんブログ村 写真ブログ

精進湖で逆さ富士を堪能

クリスマスは精進湖で!

2014年のクリスマスは富士五湖の一つ、精進湖で富士山を撮っていました。そして翌々日の12月26日も同じ立ち位置で撮っていました。自宅が圏央道のICに近いことから富士山へのアクセスが良く、都内へ出るよりも気楽に行けることが第一の理由です。

富士五湖はどこも日中は釣り人を運ぶモーターボートの行き来のため湖面には波がたち、なかなか逆さ富士を見ることができませんが、早朝や深夜には風さえ吹かなければ精進湖では子持ち逆さ富士を見ることが可能です。

まずは12月24日の早朝から夜まで。

精進湖からの日の出前の富士山 精進湖からの日の出後の富士山とカメラと雲の帯 精進湖からの夕方の富士山を長時間露光で撮影 夜になって精進湖畔から撮った富士山と怪しい雲

日付は変わって12月26日の早朝から夜まで。

精進湖からの日の出前の逆さ富士 精進湖からの日の出の瞬間のころの富士山と氷 精進湖からの富士山と星空

寒い時期だからこその精進湖畔からの富士山も楽しめます。

にほんブログ村 写真ブログ

富山県を撮りに

FUJIFILMさんのコンパクトデジカメX30をモニタする機会をいただいたため、そのコンパクトで高性能な機能を生かすべく、雪の富山県へ行ってきました。

FUJIFILM X30 その1

コンパクトデジカメといってもここまでくるとレンズが取れるか取れないか、一眼レフとの違いは少なくなってきます。特にX30かその上位機種は電子ビューファインダーが備わっており、応答速度も人の目ではわからない程度の遅延しかありません。さらに露出補正後の映像がファインダーに見えているわけですから、これは大変ありがたい機能です。

FUJIFILM X30 その2 FUJIFILM X30 その3

そのレビューはこちらにありますので、購入検討中の方などの参考になればと思います。

さて、ここの記事ではX30で撮影した以外の写真も載せますので誤解なきようよろしくお願いします。

2014年12月6日、富山県高岡市は雪でした。

雪の中の路面電車その1 雪の中の路面電車その2

2014年12月7日、雪はやみましたが寒い一日でした。雨晴海岸まで車で向かいました。

雪の富山県その1 雪の富山県その2 雪の富山県その3 雪の富山県その4

以下は念のためですが、FUJIFILM X30で撮影した写真です。

雪の高岡その1 雪の高岡その2 雨晴海岸

レビュー記事にも書いたかもしれませんが、とにかくキャップを除いて、扱いやすいやすいし、高性能高機能、スマホにすぐに写真を転送できるしファインダーが素晴らしい、自分用に欲しくなったカメラでした。

富山県、もちろんいいところです。

にほんブログ村 写真ブログ

錦帯橋撮影記

錦帯橋といえば、木組みの橋として有名です。九州撮影からの帰路、この錦帯橋が岩国ICから近いという事を知り、朝から晩までその佇まいを撮影しました。

桜も終わった季節で彩りこそありませんでしたが、逆に錦帯橋の存在感が大きく感じられました。撮影は2014年4月15日です。

錦帯橋と散りゆく桜 新緑の頃の錦帯橋

錦帯橋が最初に架けられたのは1673年、それから何度となく流され、橋脚部分は鉄筋コンクリートで石を張り付けた形になったそうです。木組みのアーチ部分は写真の通り見事なまでの組み立てが施されています。

錦帯橋の木組み 錦帯橋と船

夕刻が近くなり、風が収まると逆さ錦帯橋が姿を現し始めました。ここからは一気に夜の錦帯橋までご覧ください。

錦帯橋と黄金色の川面 ライトアップされ始めたころの錦帯橋 夜の錦帯橋 逆さ錦帯橋

闇に浮かぶライトアップされた錦帯橋は昼間に見たそれとは全く趣が異なっていました。今回は実は錦帯橋は渡らずに終わってしまいました。次回は向こう岸から撮ってみたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ

九州から離脱の直前が門司です。その前夜、4月12日に高千穂峡へ向かったのですが、大雨が続き撮ったのは雨上がりの深夜、霧の中に浮かび上がった天翔大橋だけでした。コンクリート製のアーチ橋では日本最大の橋です。橋の照明は午前零時に消灯され、雲を通してほのかな月明りを頼りに撮影しました。

深夜の天翔大橋

4月14日、門司に着きました。残念ながら門司駅は工事中で古き良き駅舎を見ることはできませんでしたが、多くのヤードを抱える門司駅を撮影できました。背景には関門橋もあります。

門司駅 夜の門司駅

数多くの線路がキラキラとしていて模型の世界の雰囲気を味わうことができました。これを撮影した陸橋は西に目を向けると日の入りも見ることができました。ずっと橋のでカメラを構えているのは傍目にはどう映ったのでしょうか...

門司港の夕景

ひとしきり撮影してコインパークまで戻りましたが、すでに夜8時になっていました。港に沿って歩いていたのですが、今回はレンガ造りの建物などはスルーという結果になってしまいました。夜景を少し撮りましたが、少し明るい時間帯にもう一度歩いてみたいと思っています。

関門橋と港の船 門司のレトロでキラキラしている街並み

4月に撮影に訪れた九州もこの日に関門橋を渡って本州へと戻りました。いやはや、色々行ったなぁ

にほんブログ村 写真ブログ

もう11月なんですね。紅葉まっただ中の土地もあると思いますが、4月の九州撮影のブログをこうして書いています。

1日中野生馬を追いかけて、翌日はこれまでスルーしていた場所へ夜明け前からスタンバイしていました。それは宮崎県南部の日南線の橋と日の出をセットで撮るためでした。結果としてはちょっとした雲のため、イメージしたものとは違う写真になりましたが、柔らかな光の中で撮ることができました。

早朝の日南線 ゆっくりと橋を渡る日南線

明るくなってから向かいの地続きの島の海岸からも撮りました。全く趣の異なる写真です。

虚空蔵島から撮影した日南線

夜明けとはいえまだまだ早い時間でしたが、凄い所にあるといわれる鵜戸神宮へ向かいました。

広い駐車場に着くと誰もいません。お土産店もまだシャッターが下りたままです。ここから鵜戸神宮へ標識を頼りに歩いて向かいました。そして発見したのが、太平洋に面した断崖絶壁にある洞窟の中に建てられた拝殿。これは見応えがあります。もちろん洞窟の中に入ってじっくり見ることも出来ます。

鵜戸神宮のある洞窟と太平洋 鵜戸神宮拝殿 洞窟の奥から外を見る

この洞窟は概ね東向きでかつ横長の入り口です。ということは朝の短い時間に太陽が拝殿まで照らしそれも季節によっては殆ど陽の光が入らないこともありそうです。天候にも恵まれたこの日はその朝の貴重な時間を見ることができました。

拝殿の中にも陽の光が射し込んでいました。日南線沿いには面白い所が数多くあります。

朝日が射し込む鵜戸神宮の拝殿 鵜戸神宮

さてお次は九州本土の最後のエントリーの予定です。場所は北九州市の門司、お楽しみに。

にほんブログ村 写真ブログ

1  2  3  4  5  6  7  8  9