TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真 - 雪アーカイブ

の最近のブログ記事

富山県を撮りに

FUJIFILMさんのコンパクトデジカメX30をモニタする機会をいただいたため、そのコンパクトで高性能な機能を生かすべく、雪の富山県へ行ってきました。

FUJIFILM X30 その1

コンパクトデジカメといってもここまでくるとレンズが取れるか取れないか、一眼レフとの違いは少なくなってきます。特にX30かその上位機種は電子ビューファインダーが備わっており、応答速度も人の目ではわからない程度の遅延しかありません。さらに露出補正後の映像がファインダーに見えているわけですから、これは大変ありがたい機能です。

FUJIFILM X30 その2 FUJIFILM X30 その3

そのレビューはこちらにありますので、購入検討中の方などの参考になればと思います。

さて、ここの記事ではX30で撮影した以外の写真も載せますので誤解なきようよろしくお願いします。

2014年12月6日、富山県高岡市は雪でした。

雪の中の路面電車その1 雪の中の路面電車その2

2014年12月7日、雪はやみましたが寒い一日でした。雨晴海岸まで車で向かいました。

雪の富山県その1 雪の富山県その2 雪の富山県その3 雪の富山県その4

以下は念のためですが、FUJIFILM X30で撮影した写真です。

雪の高岡その1 雪の高岡その2 雨晴海岸

レビュー記事にも書いたかもしれませんが、とにかくキャップを除いて、扱いやすいやすいし、高性能高機能、スマホにすぐに写真を転送できるしファインダーが素晴らしい、自分用に欲しくなったカメラでした。

富山県、もちろんいいところです。

にほんブログ村 写真ブログ

再び雪の白川郷へ

行くたびに何かしら発見がある白川郷、2014年2月11日に今年2度目の撮影に行ってきました。

灯りがともる白川郷の合掌造り3棟

撮影ポイントがどうしても限られてしまうのは致し方ないのですが、今回は深夜から翌深夜まで車はもちろんですが、足も使って回りました。冬は木々の葉が落ちて、春から秋には見えない景色にも出会えます。寒くて豪雪の白川郷ですが、あらためて四季を通して色々な姿を見せてくれるなと思った次第です。

雪の中の合掌造り 白川郷、夕景 月明りに照らされる白川郷 深夜の白川郷

北陸道を頻繁に東西行き来していると、自然と寄り道感覚で白川郷や五箇山には行くようになってしまいましたが、地図を見ると、日本の奥深い所だなと、あらためて思う次第です。

白川郷の夜景をtilt-shiftでジオラマのようにしてみました。

白川郷の夜景、ティルトシフト

にほんブログ村 写真ブログ

錦秋湖へ

夏場に行ったら極端に水位が低くてがっかりしていた岩手県の錦秋湖へ行ってきました。桧原湖から足を延ばして行ったのですが、かなり足を延ばした感じです。

着いたのは夜明け前の午前2時ごろ、路面も滑る丑三つ時。ぼんやりと朝のような雰囲気になったので、まず1枚、青い錦秋湖が撮れました。

夜明け前の錦秋湖

その後日の出を待ち、ピンクゴールドとも言えるような色合いを放つ完全凍結した湖面の木々を見つけました。ただ広いともいえない国道沿いで平日という事もあり多くの車が行き来する脇で撮っていたので、自分もそうでしたが運転手からも邪魔に思えたことでしょう。すみません。

錦秋湖の木々 錦秋湖畔の道路

錦秋湖の目玉としてはJR北上線の赤い鉄橋でしょうか。白い雪の中、赤色が映えていました。

錦秋湖とJR北上線

にほんブログ村 写真ブログ

霧氷を狙って

天気図とにらめっこをして福島県北塩原村の裏磐梯にある桧原湖畔へ車を走らせました。霧氷とやらを撮るためです。

枯れ枝むき出しの木々は何度も見ていますが、その枝に氷がびっしりとついている姿を撮ることができました。

桧原湖畔の樹氷・霧氷 桧原湖畔の樹氷・霧氷その2 桧原湖畔の樹氷・霧氷その3 桧原湖畔の樹氷・霧氷その4 桧原湖畔の樹氷・霧氷その5

偶然といえば偶然かもしれません。この手の景色は狙って撮りに行っても5回に1回あるかないか、そんな感じです。それでも何度も来ている桧原湖畔で初めて見た霧氷・樹氷は深い雪にうずもれながらも見入ってしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ

真冬の白川郷

雪深い真冬の白川郷へ行きました。昨年、一昨年と数十回も訪れているのですが、最も雪深い季節に白川郷へ行くのは初めてです。

富士五湖を撮り終えて、その足で中央高速で日本海に抜け、大雪の北陸道を走り抜け、深夜2時ごろ無事に白川郷に到着しました。

深夜3時の白川郷 白川郷のメインストリート

雪はしんしんと降り続いていましたが、とりあえず車で展望台へ行き村全体を撮影。ライトアップの時期だからでしょうか、撮影用のひな壇が雪で作られていました。

白川郷 道の駅「白川郷」の近く

その後雪もやみ、ほぼ快晴という恵まれた天候の中、道の駅で昼寝をして時間を使い、夕刻から再び展望台へ向かいました。多くの海外からの観光客がカメラを構えていました。

合掌造りの家々に灯りがともる(白川郷) 星空と白川郷

満天の星空をバックに白川郷を撮り終え、次の地へ向かいました。

にほんブログ村 写真ブログ

冬の只見川

昨春、昨夏と何度か行っている福島県の西会津を流れる只見川。雪深いだろうこの季節に行ってきました。

日の出のころをJR只見線とセットで撮りたくて、前日夜に出発、磐越道の会津坂下ICを深夜3時ごろ降り、ひたすらポイントへ車を走らせました。

しかし降雪後、解けた雪が氷となって路面を覆っていて、予想外に滑る道路になっていて空が白んでくるころにようやく到着しました。場所は金山町というところです。標高は高いわけではありませんが、夏場にみた景色からは想像できないくらい雪に覆われていました。

撮影ポイントは小さなパーキングがある国道沿いですが、積雪が多く柵が見えません。落ちたら只見線の線路ですが、そういう訳にもいかないので三脚を2.5mまで伸ばし、脚立の上でカメラ操作をしながら氷点下10度の中、只見線が来るのを待ちました。

その結果の1枚が下の写真です。川向こうの山々が朝日に照らされているのとは対照的に、手前は山陰、というコントラストの強い一枚を撮りたかったのです。次の列車が来るころは川の手前の岸まで日が当たるため、チャンスは1度だけです。

冬の朝の只見川

また晴れていることも条件となり、狙って撮りに来た結果としてはまずまずでした。列車の動きを入れる為、シャッタースピードを1/800秒程度にして、かつ手前からボケないようにかなり絞って、ISOもかなり高くしていたのですが、只見線は時速20kmくらいでゆっくりと姿を現しました。拍子抜けしてしまいました。

その他の只見川沿いの写真は下のとおりです。

雪山と只見川と鉄橋 夜明け前の只見川

かんじきが欲しいと、心底思った冬の只見川での撮影でした。

にほんブログ村 写真ブログ

昨年は春先の四国中国地方、北陸、東北と色々回ってきましたが、9月からは劇団やタレント、俳優・女優さんの撮影が忙しく、その間風景写真もお休みしていました。

年明けて、久し振りに富士山を撮ってきました。深夜0時を回ったころ家を出て、一路河口湖へ。折からの冬型の気圧配置のため風が強く湖面は常に波があり、逆さ富士は撮影できませんでしたが雪に覆われた富士山の雄姿を沢山撮影できました。
河口湖から見た深夜の富士山
河口湖畔から見た夜明け前の富士山
続いて山中湖畔へ向かいました。前日に降った雪が日陰には残っており凍結もしていました。夕日が沈む姿を撮り、その後深夜2時近くまで山中湖周辺で撮影をしていました。夜になって風がおさまり、月明りに照らされた逆さ富士まで撮影できました。
山中湖長浜地区からの富士山とカメラと三脚
日没後の山中湖畔と富士山
昼間も0度を上回ることのなかった気温は夜になるとさらに下がり、深夜0時頃には氷点下17度、車の中で解けた靴の裏の雪が、外へ出ると再び凍って地面から足が離れないなどのアクシデントも経験しました。
月明りに照らされる富士山と霧
富士山とオリオン座
夜もあける前、精進湖へ向かい撮影、その後夜明けを迎える静岡県の田貫湖から富士山を撮影して帰路に着きました。
田貫湖の夜明け前の富士山
夜明け間近の田貫湖と富士山
何か物足りない撮影でしたが、また出直したいと思っています。

にほんブログ村 写真ブログ

奥日光は閑散期

月明りが照らす雪に覆われた戦場ヶ原を撮りたい、そんなことを思っていましたが、やっと月が半月より大きくなり天候も晴れを予想できる気圧配置となり、2月18日23時頃に家を出ました。

ボクがいる埼玉県飯能市は東北自動車道へのアクセスが悪く、夏場に日光へ行くときは関越自動車道の沼田ICから金精峠を越えるルートで行っていましたが、冬場は通行できません。ということで関越自動車道の高崎JCTで北関東自動車道に入り、東北自動車道を目指すという形です。

走行距離も日光まで片道250km以上あり、遠いなという印象ですが、なんとか夜明け前には奥日光の湯ノ湖畔に付きました。気温が低くいろは坂もいたるところが凍結していて、ひやひやしながらの運転でした。

夜明け前の湯ノ湖畔 真冬の中禅寺湖畔

奥日光は標高が1000m以上あり豪雪地帯では無いため、降った雪が解けては固まりというサイクルを繰り返しているためいたる所が凍結しています。また強い風で積もった雪が飛ばされて地吹雪も頻繁におこります。

真冬の中禅寺湖畔の氷

天候は曇り、しかし北風は非常に強く耳が痛くなるほどの寒さでした。熱い缶コーヒーを...と思って自販機に近づくと、閑散期のため休止中の張り紙がありました。一台だけではなく多くの自販機が休止中、これには参りました。

天候も曇ったままで夕方を迎えてしまいました。湯ノ湖畔と中禅寺湖畔でひとしきり撮った後は戦場ヶ原付近を車でウロウロしていました。空腹と寒さで挫折しそうになっていましたがおぼろげながら月が真上に見え始め、2時間ほどすると星空が広がりました。地吹雪の中、なんとか月明りに照らされた戦場ヶ原を撮り、早々に帰路につきました。

月明りに照らされる戦場ヶ原

冬の奥日光は寒さ対策と飲み物と食べ物を持参すべし、と勉強させられました。

にほんブログ村 写真ブログ

たいそうなタイトルですが、そのようなことを1月27日に1日でやってみました。というと何かの課題のようでもありますが、結果としてそのような撮影をしてしまいました。

1月27日、日曜日はほぼ満月で、通常土日に観光地で撮影することは無いのですが、天候も見据えて深夜に出発しました。折からの気圧配置で北西の風が強く、逆さ富士は諦めていたので、まずは富士山の西側にある朝霧高原付近から撮影しました。雲一つない星空でしたが、気温は氷点下16℃、靴底からも冷たさが伝わる状況でした。

その後南下し、伊豆半島の付け根に午前3時ごろ到着。

実は星の周回運動を富士山と一緒に撮りたいと思っていたため、富士山の南側へ回り込んだのです。地図上では富士五湖などと比べかなり富士山から離れる為、月明りに照らされる富士山が見えるかどうかも微妙でしたが、なんとか撮影できました。一旦はもう少し西へ移動したのですが、波しぶきがレンズに付着したため長時間撮影は無理と判断して波が穏やかな漁港へ戻ってきたのです。

30秒設定で40枚、1200秒です。帰宅後、フリーソフトでコンポジットしたところ、北極星を捉えていませんでしたが、それっぽくは撮影できていました。

asMG_IZUFUJI01.jpg

その後、夜明け前には現地を離れ、再び富士山の西側の田貫湖へ行き、仮眠。その後精進湖、河口湖、山中湖と、富士山の北、東と周り、深夜0時前に帰路につきました。下の写真が昼間のようにも見えますが、月明りだけで西、南、北、東から撮影した富士山です。

asMG_6510.jpg asMG_6608.jpg asMG_6729.jpg asMG_6779.jpg

富士山は東西南北はもちろん、四季、太陽や月の角度、天候、富士山からの距離や標高など、多くのパラメータで見え方も変わってくる、登らなくても楽しめる数少ない山です。また違った富士山を撮りたい、そう思った一日でした。この日の車の走行距離は670kmでした。

にほんブログ村 写真ブログ

大雪で帰れない、と

12月11日、少し天候は荒れるだろうと予測をしていましたが、高速道路や一般道が雪による事故や吹雪で通行止めになって帰れなくなるとは思ってもいませんでした。

asMG_5175.jpg

昼過ぎに新潟県のブナの林「美人林」へ車を走らせました。時折雪は舞うものの晴れベースでした。が、美人林に着くと除雪した雪で近寄ることは困難、そのまま引き返すのももったいないので上越インターで糸魚川あたりを目指しました。

しかし途中で仮眠をとると、爆睡、目が覚めたら大雨と暴風でした。これはまずいと引き返そうと思ったら関越自動車道が通行止め、仕方なく西へ進み、せっかくだからと白川郷へ行きました。

asMG_5266.jpg

着いたのは深夜2時、とりあえず道の駅へ行きました。夜が明けるのを待って、空が白んでから白川郷の中を車でウロウロ、夜を徹して行われていた除雪作業の邪魔にならないように車を停めて何枚か写真を撮って早々に帰ろうと思ったところ、北陸道も通行止め、仕方なく高山市内を抜けて安房峠、塩尻、そして中央道を走りました。

asMG_5192.jpg

さすがに雪道に慣れていないため、中央高速のSAでまたも爆睡、気づいたら22時ごろでした。笹子トンネルの通行止めは続いていたため、河口湖で夜の富士山を撮って帰路につきました。

想定外の走行距離と疲労でしたが、豪雪の白川郷を早朝に見ることができたことは嬉しい誤算でした。ただ、数日前に白川郷に行ったばかり、とても遠いのですがね。

にほんブログ村 写真ブログ

1  2  3