TOP FOCUS - 宮本よしひさの撮る写真 - 木アーカイブ

の最近のブログ記事

棚田と雲海

前日夜遅く白川郷をあとにして日本海沿いを新潟方面へ走りました。上越ICで降りて国道253号線を十日町方向へ向かう途中、棚田で有名な星峠に寄りました。水を張った棚田と日の出を撮るカメラマンでごった返していました。

霧に包まれていた星峠でしたが、明るくなるにつれ霧が晴れ眼下に雲海が広がる様相になってきました。水田もまだ田植えはほとんど始まっておらず、小さな鏡を並べたような棚田が見えてきました。

そして日が昇り始めました。眠い目を覚ますような雲海からの太陽のお出ましです。

星峠からの日の出 星峠の雲海 星峠でみる光芒 朝露 雲海

かなり日が昇って、ようやく棚田全体が姿を現し始めました。星峠ははずれの日に行くことが多いのですが、今回は十二分に楽しめました。

星峠の棚田と雲海

にほんブログ村 写真ブログ

福島・裏磐梯の新緑

ゴールデンウィークも終わるころ、久しぶりに福島県の裏磐梯へ行きました。ここもまた零時を回ったところで猪苗代ICを降り、裏磐梯へ向かいました。雲も厚く、星空も臨めないため道の駅で仮眠をとり、その後夜明け前に秋元湖へ向かいました。

新緑の秋元湖その1

曇りが幸いしたのか、ほぼ無風で湖面は鏡のように対岸の山を映し出していました。点々と山桜が咲いているのも目に留まりました。

新緑の秋元湖その2 新緑の秋元湖その3

その後思い出したように檜原湖へ向かいました。すでに釣り人のモーターボートが行き来している時間帯であるため、湖面の映り込みなどは期待できませんが、水芭蕉が群生している場所が桧原湖畔には点在している情景を撮るためです。檜原湖の西側へ行くと、何度か見てはいましたが、水芭蕉が林の中に広がっていました。

桧原湖畔の水芭蕉

夜になって再び秋元湖へ行きました。星空の動きをタイムラプスで撮影するために3時間ほどカメラを動かしていました。そのなかの1枚です。

秋元湖の夜の空

撮影後はサービスエリアで夜を過ごし、磐越西線の蒸気機関車を撮りに新潟方面へ向かいましたが、この日が平日で、待てど暮らせど蒸気機関車が現れないと知ったのは夕方でした。よくあることです。

にほんブログ村 写真ブログ

3連休と聞いて悩んだ金曜日の夜、土曜日の朝だけ富士山を撮りに行こうと決心し、午前2時半ごろ家を出ました。さすがに連休開始日とあって高速道路は自家用車が多く走っていました。

今回の目的地は富士五湖の一つ河口湖です。紅葉を予測・現況をするサイトを見ると、すでに散りはじめとでていましたので、紅葉は半ばあきらめていました。

早朝の富士山

現地に着くとほんのりと日が昇る方角の空が明るい青色に変わりはじめていました。場所は河口湖畔ある大石公園です。河口湖の水量が多く、逆さ富士を撮る場所が殆ど無い状況でした。しかしそれ以上に霧で富士山どころか河口湖の対岸も見えません。我慢のしどころです。気温は氷点下1度、なかなか下がっています。

見上げれば星が数多く見えていましたので、標高を上げれば雲海だったのでしょう。富士山が見え始めたので数枚撮影し、大石公園よりさらに西に進みました。日が出ていませんがまだモミジが綺麗な感じでした。

紅葉がきれいな河口湖岸の道路 河口湖畔にある木々

しかし待てど暮らせど富士山が見えてきません。仕事の撮影ではありませんが、少しその場で我慢しつつ、周辺のモミジなどを撮っていました。そしてようやく冬化粧した富士山の登場です。

紅葉と富士山

ふと見回すと、多くの観光客がカメラを構えていました。これは早々に帰ろうという事で、午前9時過ぎには河口湖をあとにしました。

秋の富士山

河口湖畔からみる富士山は東側のすそ野が最後まで見え、また全体像も非常に綺麗に見えるので、好きな場所です。2番目は富士山の西側にある田貫湖が同様な理由で好きな場所です。

高い山に登ればまた違った富士山が見えることも知っていますが、日本で一番高い山故、上からは覗きこめません。気軽に綺麗な山を見て楽しむなら、やはり富士山に敵うものは無いのだろうと確信しています。

にほんブログ村 写真ブログ

毎月、埼玉県毛呂山町の埼玉医大に通院しているのですが、その帰りに鎌北湖という小さな湖に寄ることがあります。周囲を殆ど山に囲まれた湖ですが、湖岸にあるモミジと桜が秋と春を彩り豊かにしてくれます。

ということで2014年11月20日に寄ってきました。なかなかきれいに色づいていました。

鎌北湖の紅葉その1 鎌北湖の紅葉その2

鎌北湖は小さな湖ですが細長く湖岸に沿って道路があり、奥にも駐車場があります。そこから車を降りて鎌北湖の対岸の遊歩道を歩くと一周することができます。短いコースですが湖に落ちそうな箇所もあるため明るいうちに歩くのが良いでしょう。

対岸から見えるモミジもなかなかきれいです。

鎌北湖の紅葉その3

鎌北湖には貯水管理棟があるのですが、これが洋風な感じでもあり、湖の良いアクセントにもなっています。外壁が黄色で円筒部分があるからだろうと思います。

鎌北湖の紅葉その4

まだまだ色づく感じでしたが雨も降りだしたのでひとしきり撮影して帰りました。もう一度足を運べたらと考えています。

鎌北湖の紅葉その5 鎌北湖の紅葉その6

にほんブログ村 写真ブログ

せびら自然公園から開聞岳じゃない方を望む

鹿児島の開聞岳が見える「せびら自然公園」をあとにして池田湖という大きな湖沿いを走りました。ふと開聞岳のシルエットが夜空を遮るように見えてきました。

夜の池田湖と開聞岳

鹿児島南端をあとにして深夜に北上しました。目指すは霧島神宮です。さほど神社仏閣に深い入れ込みはないのですが、桜がまだ咲いているのではないかという淡い期待で行先を決めました。

朝の嘉例川駅の線路

つくづく感じるのは九州は火の国とはよく言ったもので、行先が概ね火山と隣接しているのです。海をすぐ右にしながら、そして途中で仮眠をとりながら、指宿有料道路に入り九州自動車道で北上し、溝辺鹿児島空港ICで国道にでました。ここはJR肥薩線の嘉例川駅に近く、早朝ということもあり再び寄りました。

朝の嘉例川駅舎 朝の通勤通学時間の嘉例川駅

通勤通学で利用している人が多く、無人駅とはいえまだまだ現役だと思った次第です。

その後さらに北上し、霧島神宮へ到着。さすがはうわさ通りの大きな神社です。平日早朝でしたがすでに人もちらほら訪れていました。

霧島神宮 霧島神宮の拝殿に咲く桜

さて桜は、と探していましたが時すでに遅し、拝殿の脇に八重桜が咲くにとどまっていました。それにしても赤が多く日光東照宮を思い出しました。

霧島神宮の階段と木々 霧島神宮の新緑のもみじ

桜は終わっていましたが、モミジの新緑が朝日を通してとてもきれいな時間を過ごしました。

霧島市の丸尾滝

境内を一巡ののち、最近噴火の危険性があると言われている硫黄山へ車を走らせました。上はその途中にある丸尾滝です。さて硫黄山といっても取り囲む道路からの標高は50mほどで、白くもろい石で覆われている火山です。通常はガスの発生も無く、小学生なども遠足に訪れていました。

硫黄山からの景色 硫黄山の火口 硫黄山から韓国岳を望む

なおこれら硫黄山の写真は2014年4月7日に撮影(念のため)。

硫黄山は1768年にできた霧島山で最も新しい火山で、1962年までは硫黄を採掘していたと立て看板に記述あり、また実際に見てみると採掘の面影が残っています。硫黄の製錬が人工的に可能となり採掘されることは無くなったそうです。

おまけは嘉例川駅を対面のホームから撮影してセピア系で仕上げたもの、そして霧島温泉付近から見える桜島と桜の花です。

嘉例川駅舎 霧島温泉から桜島を望む

まだまだ続きます(笑)

にほんブログ村 写真ブログ

霧島高原から鹿児島方向へ南下していくと、「嘉例川駅(かれいがわ)はこちら」と書かれた小さな看板を見つけることが出来ます。

普通のローカル駅ならスルーしてしまうところですが、この駅は明治36年(1903年)に造られた木造駅舎をほぼそのまま残し、かつ利用されているという珍しい駅です。

少し離れたところには無料の駐車場があり、そこから駅へ向かうのが良いでしょう。

嘉例川駅外観 嘉例川駅舎入り口 嘉例川駅ホームから待合室をみる

夕刻でしたが、いやあ何とも風情のある景観の駅舎です。無人ですから駅のホームにも入ることも出来ます。電化されていない薩摩線ですので架線もなく、また住宅街なども無いのでホームに出ても癒される空間が広がっています。

4月でしたので、旧反対側ホーム(使われていない)の桜が駅舎の入り口から見え、駅を訪れる人を迎えてくれます。

嘉例川駅ホームと列車 嘉例川駅のホームから鹿児島方向をみる

駅舎の中は、待合室と事務所(詰所?)がガラス窓で仕切られていますが、事務所は現在は使われていないそうです。待合室のベンチの角が人の座る立つ通行するなどで丸く削れていることから、利用客は多いのだなと感じることができます。

嘉例川駅ホームから改札口をみる 嘉例川駅の待合室と木のベンチ 夜の嘉例川駅舎

駅のホームは橙系のLED電球に変更されていますが、駅舎の外観ともども夜になるほど雰囲気が出てきます。

無人駅ですから売店などもありません。JRも管理が大変だろうと思いますが、嘉例川駅を今後も残してくれたら嬉しいと思っている人は大勢いるのでしょう。

少し離れた踏切から嘉例川駅を臨む

次は鹿児島の開聞岳を西側から見た風景、の予定です。

にほんブログ村 写真ブログ

初・宮崎県の高千穂峡

鹿児島から高速で日南へ向かい、そのまま海岸線を北上。目指すは人生初の大分県。しかし走れど走れど宮崎県。そろそろ県境かと思ったら、まだ延岡市でした。宮崎県の巨大さを実感した夜でした。

そこで一路高千穂へ向かうことにしました。長野県に八千穂というところがあり、だからどうした、ということではありますが、亀裂のような岩場に横から滝の水が流れ落ちる姿にそそられ、高千穂峡に絞ることにしました。

道の駅の横にある橋から高千穂峡を覗きこむことができました。足がすくむほどの高い位置です。

高千穂峡を上から覗いてみた

さてこの谷の向こう側に見てみたい岩場と滝がありますが、機材のこともあってどれだけ近くに車を停められるかと思いましたが、目と鼻の先に滝がある駐車場がありました。車を停めて大型の三脚とカメラ2台をキャリーに載せゴロゴロと引っ張って滝を目指しました。

なんだか拍子抜けするほど近くだったので、苦労はしませんでしたが、午前中の日差しが滝の水を照らしていました。真名井の滝というのだそうで、観光ガイドなどで見かける構図で撮影をしました。滝が凄いというより、鉛直な崖に挟まれた深い谷が続く光景にむしろ面白さを感じました。

真名井の滝 真名井の滝を石橋から 高千穂峡にかかる橋からみた真名井の滝

滝のあるところから上流も奇岩の迫る迫力のある地形でした。一帯は30分2000円の手漕ぎボートで行き来できますが、この日は休日という事もあり、昼過ぎには2時間待ちになっていました。川面から撮るにはボートに乗るしかなかったので、少々残念です。

高千穂峡の奇岩

撮影するには昼間過ぎて、とにかく休日ということで大勢の観光客が来ているという極めて苦手な状況でしたので、ボートを上から撮って、高千穂峡をあとにしました。

高千穂峡のボート

高千穂峡を含む高千穂にはまだまだ面白いところがありそうで、何度訪れても楽しめそうです。この後は阿蘇山を右に見ながら熊本に向かいました。

広い宮崎県を堪能しました。

にほんブログ村 写真ブログ

錦秋湖へ

夏場に行ったら極端に水位が低くてがっかりしていた岩手県の錦秋湖へ行ってきました。桧原湖から足を延ばして行ったのですが、かなり足を延ばした感じです。

着いたのは夜明け前の午前2時ごろ、路面も滑る丑三つ時。ぼんやりと朝のような雰囲気になったので、まず1枚、青い錦秋湖が撮れました。

夜明け前の錦秋湖

その後日の出を待ち、ピンクゴールドとも言えるような色合いを放つ完全凍結した湖面の木々を見つけました。ただ広いともいえない国道沿いで平日という事もあり多くの車が行き来する脇で撮っていたので、自分もそうでしたが運転手からも邪魔に思えたことでしょう。すみません。

錦秋湖の木々 錦秋湖畔の道路

錦秋湖の目玉としてはJR北上線の赤い鉄橋でしょうか。白い雪の中、赤色が映えていました。

錦秋湖とJR北上線

にほんブログ村 写真ブログ

霧氷を狙って

天気図とにらめっこをして福島県北塩原村の裏磐梯にある桧原湖畔へ車を走らせました。霧氷とやらを撮るためです。

枯れ枝むき出しの木々は何度も見ていますが、その枝に氷がびっしりとついている姿を撮ることができました。

桧原湖畔の樹氷・霧氷 桧原湖畔の樹氷・霧氷その2 桧原湖畔の樹氷・霧氷その3 桧原湖畔の樹氷・霧氷その4 桧原湖畔の樹氷・霧氷その5

偶然といえば偶然かもしれません。この手の景色は狙って撮りに行っても5回に1回あるかないか、そんな感じです。それでも何度も来ている桧原湖畔で初めて見た霧氷・樹氷は深い雪にうずもれながらも見入ってしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ

鎌北湖

鎌北湖、知らない人が多いと思います。埼玉県毛呂山町にある小さめの湖です。毎月、毛呂山町にある埼玉大学病院に通院しており、帰りには鎌北湖か宿谷の滝のいずれかに寄ってきます。

asMG_4318.jpg asMG_4479.jpg

2012年11月29日に病院の帰りに鎌北湖に寄りました。紅葉の終盤を迎え葉のない木々と真っ赤なモミジが数多くありました。気温も高く平日でしたが釣りを楽しんでいる人も意外と多く、散歩には最適な日和です。

asMG_4431.jpg

カメラと三脚を持って湖畔をウロウロ、多くはありませんが晩秋の鎌北湖を撮って帰宅しました。

にほんブログ村 写真ブログ

1  2  3  4  5  6  7  8  9